日本人女性型ロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」が感情表現する様子のムービー


日本人女性の平均身長や体重を参考にして作られたロボット「HRP-4C」不気味の谷現象を何とか乗り越えたのか、かなり評判がよいようで、あちこちのイベントに出展されています。10月に行われたCEATEC JAPANではヤマハのVOCALOIDと合体してまるで本当に歌っているかのようなデモが行われました。

今回、「SIGGRAPH ASIA 2009」では音声認識によって感情表現をしてくれたり、また、歌を披露してくれたりしました。

詳細は以下から。
”おなじみ”といってもいいほどいろいろなイベントに顔を出している「HRP-4C」。


今回はいろいろなロボットのデモンストレーションのトップバッターを飾っていました。


デモ開始。


サイバネティックヒューマンのコンセプトは「人間に近い外観、形態をもつ」「人間に近い歩行や動作を行う」「音声認識などを用いた人間とのインタラクションを行う」「コンテンツ産業での応用を目指す」の4点。


歩行・動作についてはファッションモデルの歩行データをモーションキャプチャで取得しているそうです。


そのデータをHRP-4Cの関節構造にあてはめ、バランスを考慮して今の動きになっている、とのこと。


コンテンツ産業での応用例として数々のイベントに参加した記録が紹介されました。


見慣れてきたからか、それとも不気味の谷を越えているのか、なんだか可愛く感じてきました。


ということで、音声認識で身長と体重を教えてくれたり、感情表現したりする動画はこちら。
日本人女性型ロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」が感情表現する様子のムービー1


角度によって微妙に表情が違うように見えるかも。
日本人女性型ロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」が感情表現する様子のムービー2


最後は「ワールドイズマイン」を歌ってくれました。


ひょっとすると、一人のアイドルがブレイクしていく様子を見ているのかもしれませんね。

・関連記事
いたいけな幼女「VOICEROID 月読アイ」と変声前の少年「VOICEROID 月読ショウタ」にそれっぽい台詞を実際に言わせてみた - GIGAZINE

本日発売のVOCALOID2の新キャラ3種「SF-A2 開発コード miki」「氷山キヨテル」「歌愛ユキ」を早速歌わせてみた - GIGAZINE

「巡音ルカ」と人間の歌い手が共演したアルバム「君のいる景色」をプロデュースしたWhiteFlameにインタビューしてみた - GIGAZINE

初音ミクの販売元クリプトンが酒井法子「碧いうさぎ」の替え歌「白いクスリ」ニコニコ動画削除騒動についてブログで再説明、知的財産権を侵害すると主張 - GIGAZINE

「初音ミク CMver.」とか「初音ミク ライブステージver.」とかボーカロイド関連いろいろ - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt