「岩に突き刺さった剣」はイタリアに実在する


「勇者の資質を持ったものだけがこの剣を岩から引き抜くことができる」というモチーフは、「アーサー王伝説」をはじめ数々の物語にあらわれますが、それを地でいく「岩に突き刺さった剣」がイタリアの修道院に現存しています。

詳細は以下。
Italy's must see sights : The sword of St Galgano and the Gothic abbey of the same name, near the city of Siena.

San Galgano Abbey

これはイタリア・トスカーナ地方にある聖ガルガノ大聖堂近くの、モンテシエピ礼拝堂。

(Photo by ho visto nina volare)

礼拝堂の中、アクリルの覆いで守られた中にその剣は存在します。

(Photo by luca_bl_72)


見事に突き刺さった剣。

(Photo by luca_bl_72)

この剣を岩に打ち込んだとされるのは、シエナ地方の貴族の子息として生まれ、勇敢な騎士して伝えられるガルガーノ・グイドッティという男。

言い伝えによると、ある日落馬した際、ガルガーノは大天使ミカエルから「物欲を捨てよ」という啓示を受けたそうです。彼は「それは岩に剣を突き立てるくらい困難なことだ」と反発、実際に岩に剣を突き立てようとしたところ、まるで岩がバターになったかのように簡単に刺さってしまったとのこと。

それ以来ガルガーノは神の言葉に従うことを決め、剣を突き立てた場所にモンテシエピ礼拝堂を建立、この剣を十字架に見立てて祈りの日々を過ごし、死後ローマ法王によって聖人に序せられたということです。

また、この剣を盗もうとした者はその腕を落とす、という伝説もあり、野生の狼に食いちぎられたものとされる泥棒の手のミイラも残されているそうです。

この剣は長らく「アーサー王伝説を模倣した作り物」とされてきましたが、2001年に放射性炭素年代測定法による調査をおこなったところ西暦1100年~1200年ごろのものであるということが判明。ミイラ化した手も同年代のものと判明しました。

また、剣の下には空洞があることも判明。これは聖ガルガーノの墓と見られ、現在も調査は続いているということです。

・関連記事
マイケルが「ポオオォォォオウ!!」と絶叫するあの伝説のゲーム「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」のすべてを理解できるムービー - GIGAZINE

伝説の原付バイク「ホンダ・スーパーカブ」は本当に伝説級なのか検証するムービー - GIGAZINE

海外の有名な都市伝説ワースト10 - GIGAZINE

カナダの太平洋沿岸部に生息する伝説の白いクロクマ - GIGAZINE

「ゼルダの伝説」をリアルに再現してみたよ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log