×
取材

近所のサラリーマンに大人気の小さなうなぎ屋「山信」訪問レポート


夜中まで営業している「天五屋」や、うなぎ丸ごと一匹使った「びっくり重」のある「名代宇奈とと」などいろいろなうなぎ屋をうろうろしていたGIGAZINE編集部。そこへある編集部員が「そういえば、阪神大石のあたりに小さいけれどうまいうなぎ屋があった」という情報を持ち込みました。お昼時にはかなり混雑しているお店だそうで、特に持ち帰り弁当として買う人が多いとのこと。

いったいどんなうなぎ屋なのか、実際に行ってきました。
場所はココ。阪神大石駅から南へかなり行ったところ。酒造メーカーとして有名な沢の鶴が近くにあります。

大きな地図で見る

どれがお店かさっぱりわからないような風景ですが、ど真ん中にある建物(ワゴンの後ろ)が「山信」です。ちなみに時間は18時前ぐらいで閉店直前だったので、店のおじさんに「まだいける?」と確認したところ「大丈夫だよ」とOKをもらいました。


ちゃんとのれんもかかって、ここがうなぎ屋であることを知らしめています。


お店の中は食堂にしてもかなり狭い方。テーブルが2つでそれぞれ4席分、カウンター席もありますが、合計で12席分ほどです。


「串打ち三年 裂き八年 焼きは一生」。うなぎ職人の心意気を感じます。


いろいろな豆知識が貼ってありました。山椒は脂肪の消化を助けるので、脂の多いうなぎにはぴったりの組み合わせなんだそうです。


メニューはシンプルに「特鰻丼1000円、上鰻丼800円、鰻丼600円」という3種類。営業時間は11時から18時まで。


コレが鰻丼600円。


うなぎは二切れ。上鰻丼だと三切れになるようです。


コチラが特鰻丼1000円。


肝串は特鰻丼にしかついてきません。


うなきは焼きたてほくほく、ちょっとこんがり。うなぎ自体は天五屋のものにもうちょっと脂を増やした感じ。ランチにはちょうどいいのでしょうが、いかんせんボリュームがちょっと少ない。ご飯の量は少なめから多めまで言えば調整してくれるので、ガッツリ食べたい人は多めにしてもらいましょう。うなぎを先に食べ終えてしまっても、白菜の漬け物が待っています。

・関連記事
うなぎ丸ごと一匹を使用した名代宇奈とと「びっくり重」試食レビュー - GIGAZINE

市場で働く人のために夜中でも営業するうなぎ屋「天五屋」で鰻丼を食べてきた - GIGAZINE

知る人ぞ知る峠のわらび餅専門店「一軒家」で夏の終わりを感じつつわらび餅を食べてきた - GIGAZINE

おいしいホルモンを食べたことがないので、「炭火焼肉 岩崎塾」本店へボウルにいっぱい入った1キロのホルモンを食べに行ってみた - GIGAZINE

麺を見て喰わざるは勇無きなり、「神戸ちぇりー亭」の男盛ラーメンを押忍!と平らげてきました - GIGAZINE

1日に限定20玉前後しか販売されない、ミルク風味の梨「ミルク梨」試食レビュー - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by logc_nt