メモ

ボリビアの警察が「世界一ひどい似顔絵」を手がかりに殺人容疑者を逮捕


ボリビアの警察が、「世界一ひどい」と評判の似顔絵を手がかりにタクシー運転手殺害事件の容疑者を逮捕しました。

「オズの魔法使いに出てくるカカシにしか見えない」「こんなのが手がかりになるわけない」などと言われていたその似顔絵ですが、日本人が見ると「ちびまる子ちゃん」に出てきそうなキャラクターにも見えるのではないでしょうか。「世界一ひどい」とは言い切れないかもしれませんが、世界の犯罪史上でもまれに見る衝撃作であることは確かです。

詳細は以下から。World's worst photo-fit helps capture suspected murderer - Telegraph

タクシー運転手のRafael Vargas氏の殺害はボリビアの警察により「麻薬がらみ、もしくは一時の激情に駆られた犯行」であると目されていました。今年3月に発見された遺体は刃物で11回刺された後に焼かれたものだったそうです。

当局により協力を依頼され、近所に住む女性が記憶をたよりに容疑者の似顔絵を描き上げましたが、周囲の人々は「オズの魔法使いに出てくるカカシにしか似てない」と似顔絵の効果には懐疑的だったとのこと。

これがその似顔絵。白目の広い目・直線的なまゆ・ゆがんだ口元・かやぶき屋根のような頭髪・骨折したような鼻・鋭角的なあご……といったあたりが特徴なのでしょうか。


事件は以下のようにニュースで紹介され、その似顔絵の素晴らしい出来栄えが話題を集めました。スペイン語なので何を言っているのかわかりませんが、アナウンサーの口調とシリアスな音楽も相まって実にシュールな映像となっています。
YouTube - Retrato Hablado Asesino Taxista en Bolivia XD


しかし、報道によると、この似顔絵が手がかりとなり、似顔絵の発表後に少なくとも1人の容疑者が警察により逮捕されたそうです。

こちらが容疑者。ボリビアの法律により容疑段階では実名や顔写真は出せないため、逮捕はこのような合成写真により報道されました。


ボリビアの警察の捜査能力が非常に高いということも考えられますが、「犯罪科学の証拠というよりは子どものらくがきのようである」と評されていたこの似顔絵が、実は特徴を的確にとらえた秀逸なものだったのかもしれません。

似顔絵と容疑者の写真(合成)を並べてみるとこんな感じ。

・関連記事
容疑者顔写真大賞2008が発表されました - GIGAZINE

実在の指名手配犯の顔写真を使ったスロットゲームが登場 - GIGAZINE

犯行現場にいた蚊が吸った血を解析して容疑者の特定に成功する - GIGAZINE

囚人たちが看守の命を救い、塀の中のヒーローに - GIGAZINE

二人の顔写真を合成して一人の肖像画を作るプロジェクト「BFF」 - GIGAZINE

オバマ大統領がとんでもないことになっている似顔絵の数々 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log