新たなインフルエンザの可能性も、ウクライナで肺を破壊する謎のインフルエンザが大発生


今年5月上旬に日本でも初の感染事例が正式に確認された「新型インフルエンザA(H1N1)」ですが、ウクライナでH1N1型とは異なる、肺を破壊するタイプのインフルエンザが大発生していることが明らかになりました。

すでに感染者は140万人を超えており、症状は1918年に発生した、当時の世界人口の約3割にあたる6億人の感染者と5000万人とも言われる膨大な死亡者を出した「スペインかぜ」に似ているとのこと。

詳細は以下から。
Ukraine Black Lung Epidemic Kills 12 In A Single Day

この記事によると、現在ウクライナで新型のインフルエンザと思われる感染症が大発生しているそうです。すでに11月18日時点でウクライナ国内の感染者が145万人を超えているほか、11月18日時点での死亡者は328人におよんでおり、直近24時間で12人が死亡したとされています。

Total Destruction of Lungs in Ukraine Fatal H1N1 Cases

気になるインフルエンザの症状ですが、38度を上回る熱やせき、呼吸器障害、肺から多量の出血などを経て、最終的に肺が破壊されてしまうというものだそうです。

患者は発症してから平均3~7日で重篤な症状となって病院に運ばれており、病状が悪化して死に至るまでの期間は発症してから平均4~7日であるとのこと。

Has The H1N1 Swine Flu Virus Mutated To Become More Like The 1918 Spanish Flu? Dying Patients In Ukraine Are Experiencing The Total Destruction Of Their Lungs | Bird Flu Pandemic

ちなみにこのインフルエンザは呼吸器障害や肺に大きなダメージを与えるといった点が1918年に発生した「スペインかぜ」に似ているとされています。

また、伝染病のエキスパートであるDonald Lau博士が明かしたところによると、このインフルエンザウイルスと現在世界的に広まっているH1N1型ウイルスが同一である可能性は非常に低いそうです。

・関連記事
新型インフルエンザ(H1N1)ワクチンは人々を殺すために作られたと「ネーション・オブ・イスラム」が主張 - GIGAZINE

マスクが売り切れて買えない人向け、ペーパータオルでマスクを自作する方法 - GIGAZINE

厚生労働省がYouTubeに公開しているムービーが新型インフルエンザ対策としてかなり参考になる - GIGAZINE

日本国内で初めて新型インフルエンザが人・人感染、一体何が起きているのか時系列順まとめ - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log