メモ

写真の中のバストサイズを加工修正した女性、あっさりと見抜かれる

(by emma.c)

自分の写真を手軽に撮る方法として、鏡に映った自分を撮影するというものがあります。しかし、撮影した写真にはイメージしていた自分自身とは時として違う姿が映っていることがあります。加工技術の発達した今は、わざわざプロに加工を依頼しなくても自分でもできてしまうので、気に入らない部分を修正してしまうことも可能。

しかし、あまりにも整合性のとれない修正をしてしまうと、画像を見た瞬間に「これは偽物だ!」と言われることになります。ある女性も自分のセルフフォトに加工していたのがあっさりとバレてしまいました。

詳細は以下から。
Flattering Photo FAIL at Kontraband

これが話題の女性。


撮影したセルフフォトはこんな感じ。すでに「FAIL」と書かれていますが、この部分に猛烈な違和感。


よく見ると、このあたりもちょっとヘンです。何がヘンなのかわかるでしょうか。


有志が「これが真実の姿だ」と再修正した画像を作成しました。なんとこの女性、両方のバストを本来よりも大きく加工していたのです。


アニメーションGIFで見ると一目瞭然。


わざわざ加工する必要のない立派なバストのように見えますが……。

・関連記事
半数近くの男性は女性を見るとき最初に胸を見ている事が判明 - GIGAZINE

おっぱいについて知っておくべきほんのささいな5つのこと - GIGAZINE

「大きいことは美しいこと」世界一巨大なシリコンの持ち主、おっぱいを語る - GIGAZINE

バストは約154cm、ギネスに認定された世界で最も巨乳の女性 - GIGAZINE

95%以上の女性が自分に合ったブラをつけておらず危険状況にある - GIGAZINE

おっぱいを小さくする手術を受ける男性が増えている - GIGAZINE

デモを規制する機動隊にほとばしる牛の母乳で対抗 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt