アニメ

ファンの熱意でBD化が決定した「true tears」、本日からブルーレイBOXの予約受付開始


アニメやドラマは放送が終了するとまとめてDVD化・ブルーレイ化されて販売されています。このとき、作品によってはブルーレイ化されずDVDしか出ないというケースがあり、せっかくの作品を存分に楽しめないというケースがあります。そんな作品をみんなの力でブルーレイ化しようという試みが「あなたの力でBD化プロジェクト」です。

8月に実施された第一弾(アニメ編)では数々の作品の中から「true tears」が選ばれ、BD-BOX化されることが決まりました。ただし、完全予約受注生産商品としての発売で、予約入金数が2000件以上で生産が決定するという条件付き。

そんな「true tears」のブルーレイBOXの予約受付が本日から始まりました。受付期間は12月16日(水)までです。ファンの人はすでに申し込んでいると思いますが、タイトルは耳にしたことがあるけれど中身は見たことがないから予約に踏み切れないという人のために、「true tears」がどんな作品だったのかまとめてみました。

詳細は以下から。
true tears Blu-ray情報



「true tears」は2008年1月から3月にかけて放送されたテレビアニメ。富山県南砺市に本社があるアニメーション制作会社ピーエーワークスが制作し、作中では実際に富山に出てくる町並みが再現されており、放送当初は東名阪(東京・名古屋・大阪)だけでの放送でしたが、のちに富山でも放送が行われました

物語の主人公は仲上眞一郎(CV:石井真)。酒蔵の一人息子で、ある日、不思議な少女・石動乃絵と出会います。


眞一郎の前に現れた石動乃絵(CV:高垣彩陽)。ある事情から涙を流せなくなった少女で、眞一郎に何かと付きまとうようになります。


湯浅比呂美(CV:名塚佳織)は眞一郎の幼なじみ。1年前に両親を失ってからは、親が知り合いだった縁で仲上家に引き取られています。バスケ部では1年生ながらレギュラーとして活躍、成績も優秀ですが、なぜか眞一郎の母は比呂美に冷たく当たります。


眞一郎の母・仲上しをり(CV:高橋理恵子)。眞一郎のことを溺愛する一方、なぜか比呂美のことを目の仇にしています。


乃絵の兄・石動純(CV:増田裕生)。乃絵とは別の高校に通っており、バスケ部のエース。乃絵のことを一番大事に思う、妹思いの兄。


眞一郎の親友・野伏三代吉(CV:吉野裕行)。眞一郎から紹介された愛子と付き合っていますが、愛子への気持ちは真剣そのもの。


眞一郎とは幼なじみで、今川焼き屋を営む安藤愛子(CV:井口裕香)。三代吉と付き合っているのですが、その気持ちは……。


乃絵が世話をしているニワトリ「地べた」。かつては「雷轟丸」というニワトリもいたのですが、鶏小屋がタヌキに襲われたため死んでしまいました。よく羽根を羽ばたかせていた雷轟丸に対して、地べたは飛ぼうとしません。


以下、作中の場面カットはこんな感じ。微妙な恋愛関係が美しい富山の風景とともに描き出されています。


今回、ブルーレイ化が実現したのは「あなたの力でBD化プロジェクト第一弾<アニメ編>」で第1位を獲得したから。ただし、11月10日(火)から12月16日(水)の予約期間に予約入金数が2000個を越えたときのみ生産されるという条件付きの完全予約受注生産品です。

商品は全13話収録で2万4990円(税込)、収録時間は本編314分+映像特典62分の合計376分を予定しています。ディスクは3枚組、リニアPCM(ステレオ)・16:9(1080p High Definition)にて収録。封入特典は64ページのブックレットで、テレビ未放送の新作映像を含む第13話ディレクターズカット版、true tearsロケ地紹介映像、版権イラストを網羅したデジタルイラストギャラリー、DVD収録の特典映像(ミニキャラ4コマ劇場映像、こちらチューリップ放送局出張版、ノンテロップ・オープニング、ノンテロップ・エンディング、ワーニングナレーション4種、CM・PV集)が映像特典となっています。BOXイラストとインナージャケットはキャラクターデザインを担当した関口可奈味の描き下ろし。発売・販売元はバンダイビジュアル。

申込方法は、まずバンダイビジュアルのサイト内に設けられた申し込みフォームに必要事項を入力、その後申し込み受付完了のお知らせメールが届き、12月21日ごろに払込取扱票が送付されるという流れになっています。入金受付期間は12月21日から1月8日で、ゆうちょ銀行、郵便局、コンビニエンスストアでの支払いが可能。商品の発送日は2009年3月26日となっています。

申込はコチラ。
true tears Blu-ray Box



先日、化物語のブルーレイ第2巻が初動売上3万9000枚を達成して話題になりましたが、あれはあくまで1枚のブルーレイディスクでの話。他のBlu-ray BOXの売上数を見てみると、

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX&2nd GIG:5000
DARKER THAN BLACK-黒の契約者-:5000
プラネテス:3600
天地無用!魎皇鬼:1000
GUNSLINGER GIRL:1000
十二国記:600
乃木坂春香の秘密:400
(いずれも数字は2ちゃんねるアニメ板より)


となっており、2000枚というのがイイ感じの数字であることがわかります。今回、「true tears」のBD-BOX生産が実現すれば、僅差で第2位だった「ゼーガペイン」のBD-BOX化、さらに「あなたの力でBD化プロジェクト」第二弾以降へも弾みがつくので、いったい今回の取り組みがどのような結果を出すのか、非常に楽しみです。

© 2008 true tears 製作委員会

・関連記事
「狼と香辛料II」ブルーレイ第2巻には賢狼ホロと一緒にストレッチできる「わっちと”すとれっち”」を収録 - GIGAZINE

テレビアニメ史上最高の初動売上を記録した「化物語」ブルーレイ第2巻、どれぐらいすごい数字なのか他の話題作と比較してみた - GIGAZINE

来年3月から発売となるアニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」、Blu-ray版の日別予約数が「化物語」を抜いてトップに - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logc_nt