メモ

運転免許の筆記試験に4年以上ほぼ毎日通って落ち続けていた女性が950回目のテストでついに合格


以前普通運転免許取得の筆記試験に771回落ち続けている女性がいることを紹介しましたが、その女性がついに950回目の試験で合格をしたそうです。

ここまで落ち続けると運転免許を発行しても問題がないのか疑問に感じますが、1000回近くも試験を受け続ける根性はたいしたものです。

詳細は以下より。
Passed at long last! | The Sun |News

今回やっとの思いで普通運転免許取得の筆記試験に合格したのは韓国の全州市に住むChaさん(68歳)。2005年4月以来、筆記試験が行われる全日程(ほぼ毎日)に参加していたのですが、合格点の60点を超えることなく今年の2月に770回以上筆記試験に落ち続けているということで韓国だけでなく世界で話題になりました。

そんなChaさんはその後もあきらめることをなく毎日テストを受け続け、950回目のテストでやっと合格点に達して筆記試験をクリアしたそうです。

これが筆記試験合格認定書とChaさん。


これから技能試験が始まるのですが、何度目で運転免許を取得することができるでしょうか。

・関連記事
学校の試験に38年落ち続けている74才の男性 - GIGAZINE

思いついたその日からすぐできる10万円以下でバイク免許を取る方法まとめ - GIGAZINE

最年少でマイクロソフトのシステムアドミニストレータ試験に合格した8歳の天才少年 - GIGAZINE

ペットを飼うための試験が法律で制定される - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log