モバイル

NTTドコモまでauの「ガンガンメール」対抗プラン「メール使いホーダイ」を発表


10月19日にKDDIが行った2009年au秋冬モデル発表会で、月額1095円で相手先や添付ファイルの容量を問わずにメールの送受信が無料になる画期的な新プラン「ガンガンメール」を11月9日から開始することを発表しましたが、NTTドコモが対抗プラン「メール使いホーダイ」を発表しました。

すでに10月23日にソフトバンクモバイルが対抗プランを発表していますが、ソフトバンクモバイル同様、NTTドコモの対抗プランもauに完全に追従する内容となっていないのが残念です。

詳細は以下から。
報道発表資料 : iモードメールが無料で利用可能な新料金プランを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

このリリースによると、NTTドコモは新設される基本使用料780円の料金プラン「タイプシンプルTM(バリュー)」と月額315円のiモード付加機能使用料月額の合計1095円を毎月支払うだけでドコモだけでなく他社の携帯電話などに対してもメールが送受信し放題となる「メール使いホーダイ」12月1日から開始するそうです。

これが「メール使いホーダイ」の料金プラン。パケット定額サービスがパッケージされているため、iモード通信が上限4410円で利用可能となるなど、メール以外のパケット通信も定額で利用可能です。


料金イメージ図。フルブラウザ利用時の上限は5985円です。


ソフトバンクモバイル同様「ガンガンメール」と同じ条件、同じ料金の対抗プランではあるものの、月額390円で指定した3人のユーザーとの通話が24時間無料になる「指定通話定額」には追従していないため、通話定額を兼ね備えていない不十分なプランとなっている感が否めないのが残念です。

・関連記事
NTTドコモが2009年冬および2010年春モデルの携帯電話新機種を発表へ、新サービスも - GIGAZINE

ソニーがいよいよ「Android」を採用した初の高性能スマートフォン「Rachael」を正式発表へ - GIGAZINE

木のぬくもりを感じられるNTTドコモの木製携帯電話「TOUCH WOOD」 - GIGAZINE

in モバイル, Posted by darkhorse_log