メモ

著作権侵害ファイルを全部消さないと毎日1ユーザーごとに約70万円の罰金を課す判決が約2200万人の利用者を持つサイトに下る


BitTorrent用のトレントファイルを大量に置き、検索可能な状態にし、全世界に約2200万人のユーザーがいる「The Pirate Bay」に対し、凄まじい内容の判決が下されました。

詳細は以下から。
AFP: Dutch court orders Pirate Bay to remove links

Court Orders The Pirate Bay To Delete Torrents | TorrentFreak

アムステルダムの裁判所の出した判決によると、The Pirate Bayに対して3ヶ月以内に著作権のあるトレントファイル(著作権を侵害しているファイルそのものではなく、あくまでもファイルの場所を示すファイルに過ぎず、実体はない)についてすべて削除すべきであると裁決しており、オランダのユーザーが著作権を侵害しているトレントファイルをダウンロードできないようにアクセスを制限しなくてはならないとしています。

もしこの判決を無視すれば、The Pirate Bayの3人のオペレーターは1ユーザーごとに5000ユーロ(約68万円)の罰金を毎日支払わなければならず、その最大額は3000万ユーロ(約41億1500万円)に達するとのことです。2009年10月8日に行われたWinnyの大阪高裁判決では金子氏に対して「著作権侵害に使うよう利用者に勧めておらず、ほう助は成立しない」「1審のように認めると、ソフトが存在する限り、無限に刑事責任を問われることになるので、罪刑法定主義の見地から慎重でなければならない」として、無限に責任を問い続けるのは不可能であるという主旨のことが触れられ、無罪判決に結びついたわけですが、オランダでは逆にほぼ無限に責任を問うようになったようです。

この件について、The Pirate Bayの設立者であるFrederik Neij、Peter Sunde、Gottfrid Svartholmmenの3人は上訴すべきかどうかを検討中だそうです。

これが3人の設立者たち


既にこの件とはまた別に、スウェーデンの裁判所によって今年の4月17日に有罪であるという判決を出されており、懲役1年と映画とレコード業界に対して3000万スウェーデンクローナ(約4億円)を払うように命じられている件については上訴中なので、今回も上訴する可能性は非常に高いと思われます。

なお、前回の判決時には「よい映画では常に、ヒーローは最初に敗北を喫するが、最後には大勝利を収める。それはハリウッドがわれわれに教えてくれた唯一のことだ」と言ってみたり、あるいは著作権無視を公言し、意図的に違法コピーを援助していると明言したり、かなり過激な言動でも知られており、一連の裁判については海外のWikipedia上で詳細にまとめられています。

The Pirate Bay trial - Wikipedia, the free encyclopedia

日本のWinny裁判と違って、露骨に著作権侵害を明言しているため、かなり悪質であると判断されたようです。

・関連記事
大阪高裁、ファイル共有ソフト「Winny」の開発者に無罪判決 - GIGAZINE

地方テレビ局などの視聴が可能なフリーのP2Pソフト「KeyHoleTV」 - GIGAZINE

P2P型の匿名掲示板は今、どこまで開発が進んでいるのか? - GIGAZINE

まるで恐れを知らない戦士、37%のP2Pユーザーが警告を無視してファイル交換を続けると回答 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse