×
取材

闇夜に浮かぶ巨大アヒルをオランダに帰る前に撮影してきた


2年ほど前、フランスのロワール川に巨大なアヒルが出現しました。このアヒル(ラバーダック)はオランダ人アーティスト、F・ホフマンさんの作品で、「政治的意味合いで分割される国境などこの世に存在しない」ということでオランダやフランス、ブラジルと各地で浮かんできたあと、水都大阪2009に登場しました。

8月22日(土)から展示が始まったものの事故でしぼんでしまい、修復作業を挟んで9月初頭に復活、9月27日(日)まで天満橋の近くに浮かんでいました。展示期間終了後はオランダに帰ってしまうのかと思いきや、10月3日から4日にかけてのイベント「NAMURA ART MEETING」で展示が行われるとのことで、アヒルちゃん大阪最後(?)の夜を撮影してきました。

詳細は以下から。
Rubber Duck Project 2009
http://www.namura.cc/ahiru/


まだちょっと明るいうちに現地に到着。


ここは住之江区北加賀屋にある名村造船所跡地で、今はいろいろなイベントの会場として使用されています。


ライブが行われる横で撮影されるラバーダック。


周りが暗くなってくると、なんともいえない雰囲気に。
YouTube - 闇夜に浮かぶ巨大アヒルをオランダに帰る前に撮影してきた


その瞳はなにを見つめるのか。


水上に特設ステージが設けられ、アヒルの目前まで近づくことが出来ます。
YouTube - 闇夜に浮かぶ巨大アヒルをオランダに帰る前に撮影してきた その2


見上げるとさすがにデカイ。


背中側から。


アヒルの尻のあたりに妙な割れ目がありますが、気にしてはいけません。


まるで出撃の準備をしているかのよう。


手前にいるのは……?


ラバーダック以外にも見所があったので、さらに撮影を続けてきました。

火を噴くキングギドラっぽいアート船「ラッキードラゴン」

・関連記事
巨大すぎて全然かわいくないアヒルのオモチャ - GIGAZINE

アヒルのオモチャが太平洋から北極海を抜けイギリスに向かっている - GIGAZINE

アヒルのおもちゃを見つけたらNASAに報告しましょう - GIGAZINE

プールに落ちたアヒルの子どもたちを救出する動画 - GIGAZINE

フロリダの家から行方不明になった猫、1800kmを旅してテキサスで発見される - GIGAZINE

in 取材,   動画, Posted by logc_nt