ハードウェア

ソニーがテレビなどにも給電可能な「ワイヤレス給電システム」を開発、伝送距離を伸ばすことにも成功


携帯電話やデジタルカメラなどの小型機器を充電する方法として、新たに注目を集めている「ワイヤレス給電システム」ですが、ソニーが大電力も効率良く伝送できるシステムを開発しました。

やや離れた場所にあるテレビなどの電子機器に対しても給電することができるため、実用化された場合、電源コードが絡まったりする煩わしさから解放されるのかもしれません。

詳細は以下から。
Sony Japan | プレスリリース | 磁界共鳴型を使った高効率な「ワイヤレス給電システム」を開発

このリリースによると、ソニーは電源コードを接続することなく、テレビなどの電子機器に対して離れた場所から高効率で電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したそうです。

新たに開発されたワイヤレス給電システムは60Wの電力を50cm離れた電子機器に給電することが可能となっており、送電・受電デバイス間では約80%、整流回路を含めると約60%の割合で伝送できるという高い効率を実現しているとのこと。

これが今回開発された「ワイヤレス給電システム」


なお、今回開発された「ワイヤレス給電システム」には、送電デバイスから供給された電力エネルギーが空間を介して同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する方式である「磁界共鳴型」の非接触給電技術が採用されており、デバイス同士の位置関係がずれていても高い効率での給電が可能となるほか、送電・受電デバイス間に金属があっても、その金属が熱くならないという特長があるとされています。

また、送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴する「レピータデバイス」を開発し、これを送電・受電デバイス間に配置することで給電効率を維持したまま、給電距離を50cmから80cmまで伸ばすことにも成功したそうです。

「レピータデバイス」を利用したときのイメージ。伝送距離が伸びています。

・関連記事
なんと人間の「体温」で携帯電話を充電できる技術が登場へ - GIGAZINE

いずれは充電不要か、あらゆる電波を利用して充電できる携帯電話が開発される - GIGAZINE

ワイヤレス給電を実際に行っているムービーがネット上で公開中、その実力の一端が明らかに - GIGAZINE

携帯電話などをケーブル不要で充電できるクアルコムのワイヤレス充電技術「eZone」は年内登場へ - GIGAZINE

充電時間が最大36分の1になる画期的なリチウムイオン充電池が登場 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log