×
メモ

【訃報】群馬県荒船山で発見された男性の遺体が「クレヨンしんちゃん」の臼井儀人氏と判明


先日から行方不明となっていた「クレヨンしんちゃん」作者の臼井儀人氏が、群馬県荒船山中で遺体となって発見されました。行方不明となってから9日目でした。

詳細は以下から。
岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

臼井さんは9月11日(金)、家族に「群馬県の荒船山へ日帰りで登山に行ってくる」と伝えて春日部市の自宅を出ました。12日(土)になっても臼井さんが帰らなかったため、家族は埼玉県警に捜索願を提出、群馬県警や長野県警と協力しての捜索が行われました。臼井さんが行方不明になっているとニュースになったのは16日(水)で、荒船山中で遭難したのではないかとみられていました。その後、捜索が続けられた結果、19日(土)昼前に荒船山山中にて男性の遺体が発見されました。

山中に遺体、クレヨンしんちゃん作者か News i - TBSの動画ニュースサイト(ウェブ魚拓)

遺体は岩場から滑落したと見られており、シャツがめくれていて顔が見えないものの服装が臼井さんのものに似ているとのことから身元確認の結果が待たれていましたが、20日(日)に群馬県警によって臼井さんと確認されました。

臼井さんが描いていた「クレヨンしんちゃん」は19年にわたって連載の続いていたマンガで、アニメも17年にわたって放送されている長寿作品。PTAからは子どもがしんちゃんの真似をすると不興を買っていたようですが、映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」は大人をも唸らせる出来でこれを下敷きに実写映画「BALLAD 名もなき恋のうた」が作られるなど意外な広がりを見せていました。こういう形での幕切れはとても残念です……。

・関連記事
独特の迫力で魅了する「金田パース」の開発者でアニメーターの金田伊功氏、心筋梗塞のため死去 - GIGAZINE

世界的人気を誇る至高のエンターテイナー、マイケル・ジャクソン氏が死去 - GIGAZINE

「グイン・サーガ」作者の栗本薫氏、すい臓ガンのため死去 - GIGAZINE

元祖ロールプレイングゲーム「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の作者デイビッド・ランス・アーンソン氏、死去 - GIGAZINE

美形悪役キャラクターを数多く演じた声優・市川治氏、心不全のため死去 - GIGAZINE

元タレントの飯島愛さんが死去、都内マンションで - GIGAZINE

「ジュラシック・パーク」「ER 緊急救命室」の作者マイケル・クライトン氏、がんで死去 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt