×
メモ

格安パソコンなどで有名だった「SOTEC(ソーテック)」ブランドが消滅へ


90年代後半に低価格なデスクトップパソコンなどで一世を風靡(ふうび)した「SOTEC(ソーテック)」のブランドが消滅する見通しであることが明らかになりました。

詳細は以下から。
オンキヨー、PCブランドも「オンキヨー」に

日本経済新聞社の報道によると、2007年にソーテックを子会社化したオーディオ機器メーカーの「オンキヨー(ONKYO)」がパソコン製品のブランドを「ソーテック(SOTEC)」から「オンキヨー」に変更するそうです。

これはオーディオ機器で知名度の高い「オンキヨー」ブランドへ統合することで、スピーカーの性能や音楽の再生能力の高さを打ち出し、音質を重視する消費者を取り込むことを目指したもので、音響技術で付加価値を高めて、現在数パーセントにとどまっているシェアの拡大を狙うとのこと。

なお、ブランド名の切り替えは10月22日に予定されているマイクロソフトの最新OS「Windows 7」の発売に合わせて行われるとされています。

ちなみにSOTEC公式サイトからリンクされている「Windows 7」へのアップグレードキャンペーンのページを確認したところ、「オンキヨー Windows 7優待アップグレードキャンペーン」や「オンキヨーがお勧めするWindows.」などと記されており、SOTECの代わりに「オンキヨー」が前面に押し出されています。

オンキヨー Windows 7 優待アップグレードキャンペーン:店頭販売パソコン|パソコン(PC)・ノートパソコンなどのパソコン サイト|ソーテック

・関連記事
シャープが誇る液晶テレビのブランド「亀山モデル」が消滅へ - GIGAZINE

「ムトウハップ(六一〇ハップ)」を生産していた武藤鉦製薬が業務終了へ、すでに工場は操業停止 - GIGAZINE

30年以上の歴史を誇る夏の風物詩「チューペット」が生産終了 - GIGAZINE

フロッピーディスクドライブに続いて「MOディスク」も販売終了へ、需要減退を受けて正式決定 - GIGAZINE

NECと日立、カシオが携帯電話事業を統合、首位のシャープに対抗 - GIGAZINE

日本の携帯電話端末メーカーは淘汰されてしまうのか - GIGAZINE

ビクター、大手メーカーで初めて国内のテレビ事業から撤退へ - GIGAZINE

重さ約345gの超小型で高機能なミニノート「PM」が登場、SSD搭載で7時間駆動 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log