乗り物

運転にはバランス能力が必須、漕ぐ必要のない電動一輪車「Enicycle」


郵便や新聞配達、ちょっとした買い物などに重宝されている原付(原動機付自転車)は、もともと自転車に小型のエンジンを取り付けたのが発祥です。最初は自転車にエンジンを取り付けるキットが販売されていたようですが、やがてオートバイと自転車の中間的な乗り物となって今に至っています。

しかし自転車と同じ自分でペダルを漕ぐ乗り物ながら、一輪車は体育の授業で使われたりサーカスで使われているのがせいぜいで進化形がありませんでした。そこに目をつけたのか、スロベニア人発明家Aleksander Poluntikさんは一輪車にエンジンを搭載した電動一輪車「Enicycle」を開発しました。まるでイスに座ったような姿勢のままバランス感覚だけで進むEnicycleの姿はちょっと不気味で、セグウェイを初めて見たときのような感覚に襲われます。

詳細は以下から。
ELECTRIC UNICYCLE eniCycle
http://www.enicycle.com/


これがEnicycle。


充電式になっているようです。


構造はけっこうシンプルなようです。


ペダル部分は折りたたみ式。


開発者のAleksander PoluntikさんとEnicycle。


実際に乗っているところはこんな感じ。加速するときはちょっと体を前に倒します。


逆にブレーキをかけたいときはちょっと重心を後ろへ。


ポケットに手を入れたまま左右へターン。ペダルにちょっと力を加えれば曲がるようです。


そのまま職場へ。デスクの横のちょっとしたスペースに置いておけます。


こちらではレポーターがEnicycleに挑戦。最初は苦戦していますが、楽しそうに乗りこなします。

YouTube - Gadget Show - Enicycle


・関連記事
まさにスーパーセグウェイ、GMとセグウェイが共同開発した2人乗りの小型二輪電気自動車「P.U.M.A.(プーマ)」の走行ムービー - GIGAZINE

電動カートのように自由自在に走り回れるショッピングカート - GIGAZINE

あのセグウェイを身近な材料で自作する - GIGAZINE

自動車よりも燃費がよい軽量小型飛行機「ElectraFlyer C」 - GIGAZINE

燃費が良くて経済的、スクーターに乗るメリットを列挙してみた - GIGAZINE

不気味な下半身付き自動ショッピングカート - GIGAZINE

制作者が車上で死亡した蒸気エンジン付自転車 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logc_nt