オンラインゲーム「World of Warcraft」のアイコンを使った二角取りパズルゲーム「WOW Connect 2」


二角取りのパズルゲームといえば麻雀牌を使った「四川省」が有名ですが、麻雀牌の代わりにオンラインゲーム「World of Warcraft」のアイコンを使用したのが「WOW Connect 2」。ルールは四川省と同じですが、いろいろなお助けアイテムを使用することができようになっています。

詳細は以下から。
WOW Connect 2

「START GAME」をクリックするとゲーム開始。途中で発行されるパスワードを使うとゲームの再開も可能です。


「World of Warcraft」ではプレイヤーはHordeかAllianceに所属することになっていますが、このゲームでも最初にどちらかを選ぶことになります。


5種類から1つを選択。何を選ばされているのかこの画面だとわかりづらいですが、のちのゲーム画面に表示されるキャラクターが変わってくるようです。


二角取り1ゲームが戦場1つに相当しているようです。いったい何戦すればいいのやら……。


レベル1のゲーム画面。


ルールは四川省と同じなので、隣り合っているか、あるいは他のアイコンのない場所を通って3本以内の直線で結べるアイコンのペアを消していきます。


下に並んでいるアイコンはお助けアイテム。並んでいるうち、左端はペアのアイコンを表示してくれるもの。


対になったアイコン1組を消してくれるもの。


対になったアイコン2組を消してくれるもの。


残り時間を8秒延ばしてくれる。残り時間自体はお助けアイテム欄の上にある紫色のゲージで、右端に達するとタイムオーバー。


残っているアイコンをシャッフルしてくれるもの。


ソートして再スタート。右端に並ぶのはキャラクター独自で持っているお助けアイテムで、このキャラクターの場合は「ソートして再スタート」ですが、「8秒追加」や「ペアになったアイコンを表示」を持っているキャラもいます。お助けアイテムはそれぞれ1度しか使えないわけではなく、使用後一定時間経過するとまた使えるようになるので、「8秒追加」を2つ持っているキャラクターだと残り時間で苦しむことは減るかも。


クリア。残り時間やコンボの数、使ったアイテムの回数などによってスコア倍率が変わるようです。


次のステージに進む際にはランダムでライフが1つ増えたり、コインが増えたりする効果を得られます。


レベル2、いきなり難易度が上がった気がする。


なんとかクリア。


レベル3、同じアイコンを探すだけでも一苦労になってきます。


残り時間が無くなるとライフが1減ります。


ライフが0になるとゲームオーバーです。

・関連記事
オンラインゲームを楽しむために大量のPCを設置する人たち - GIGAZINE

IGN.comが選ぶ歴代の名作ゲームランキングトップ100 2007年版 - GIGAZINE

ゾンビパラダイスゲーム「DEAD RISING2」のマルチプラットフォーム開発をカプコンが発表 - GIGAZINE

0

in レビュー,  ゲーム, Posted by logc_nt