メモ

世界最古のソテツの鉢植え、植え替えが無事完了


英国王立キュー植物園で、世界最古の鉢植えの植え替え作業が行われました。これは1775年に植物園にやってきた古代のソテツで、前回の植え替えは20年前だったそうです。家庭のガーデニングならコテ1本で植え替えをするところですが、相手は世界最古の鉢植え植物ということもあり、3ヶ月も綿密な計画が立てられ、9人の庭師が参加したそうです。

詳細は以下から。
World's oldest pot plant gets a new home in epic repotting at Kew Gardens | Mail Online

ソテツが展示されているパームハウスのウェス・ショー氏は「このソテツは1775年にキュー植物園にやってきて、20年前にも植え替えをした特別なものなんだ。前の入れ物は壊れてしまって美観が損なわれていたし、植物の健康にも影響するから、新しく植え替えすることにしたんだ」と語っています。

植え替えは3ヶ月の計画期間を経て行われ、9人の庭師が参加しました。


無事植え替えの終わったソテツ。


この古代のソテツはキュー植物園のプラントハンター、フランシス・マソン氏が1770年代初めに南アフリカのイースタン岬で集めたもの。キャプテン・クックの2回目の航海で集められた500種の植物の1つでした。植物園に運び込まれて以降160年間で幹は年間1インチ(2.54cm)ずつ伸び、今や高さは14フィート5インチ(約4.3m)まで成長。ちょっと曲がって成長したため、支柱で支えられています。ソテツは500年以上の寿命があり、植物学者に多くの情報をもたらしてくれるそうで、キュー植物園は最も古く多様なソテツが見られる場所となっています。

・関連記事
ドクロの形をした植物が発見される - GIGAZINE

マンドラゴラのような人型の根を持つ植物が発見される - GIGAZINE

動物のような動きをする植物のムービー - GIGAZINE

世界の醜い植物トップ10が決定 - GIGAZINE

部屋の空気をきれいにしてくれる観葉植物ベスト5 - GIGAZINE

世界の美麗な旅行写真が大量にある「eTravelPhotos.com」 - GIGAZINE

真っ白な体をしているアルビノの動物たち - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt