クリエイティブが従来の音楽プレーヤーを超越した「Zii」を発表、最大64GBの記録容量やHD動画再生機能、Android対応も


今月初頭にPC向けのサウンドカード「Sound Blaster」シリーズやプロ向けDTM製品を手がけるクリエイティブがタッチスクリーンを使った高機能な音楽プレーヤー「Zii」を発売する予定であることをお伝えしましたが、ついに正式発表が行われました。

高音質と高機能を兼ね備えた携帯オーディオプレーヤー「CREATIVE ZEN X-Fi」に用いられている高音質化技術「X-Fi」を採用しているほか、GPSやデュアルカメラ、無線LAN、Bluetoothなどを搭載しており、記録容量は64GBでハイビジョン動画の再生にも対応するなど、従来の音楽プレーヤーを超越したモデルとなっています。

また、Googleの携帯電話向けOS「Android」にも対応しており、デモムービーが公開されています。

詳細は以下から。
Zii.com

クリエイティブの完全子会社であるZiiLABSの公式ページによると、同社が開発した3次元グラフィックスの表示や最大1080pまでのH.264、MPEG 1/2/4、WMVやVC-1形式のフルハイビジョン動画の再生をサポートするメディアプロセッサ「ZMS-05」を搭載した音楽プレーヤー「Zii」が発売されるそうです。

「Zii」は最大10ヵ所のマルチタッチに対応したハーフVGA(320×480)の3.5インチ液晶や、VGAサイズの撮影に対応した自分撮りも可能なインカメラとHDサイズの動画および静止画撮影に対応した背面カメラ、3軸の加速度センサー、マイクとスピーカー、IEEE802.11 b/g対応の無線LAN、GPS、Bluetooth 2.1+EDRを搭載。さらにSDHCメモリカードスロットを搭載することで最大32GBの内蔵メモリと合わせて最大64GBの記録容量を実現しています。

これが「Zii」です。大きさは115×62×12mmで重さは108gで、リチウムイオンバッテリーの容量は1200mAh


「Zii」に用いられているメディアプロセッサ「ZMS-05」


各部の説明


さらにクリエイティブの高音質化技術「X-Fi」を採用することで音楽を高音質で楽しむことや、ハイビジョンテレビにHDサイズの動画を出力することも可能なほか、カメラで撮影した文字を読み上げる機能にも対応。

なお、OSはZiiLABSが開発した直観的なジェスチャー操作やOpera 9.7ブラウザ、Adobe Flash Lite 3.1をサポートしたLinux 2.6ベースの「Plaszma OS」またはGoogleの携帯電話向けOS「Android」の2種類に対応しています。

「Zii」のセット一式。どうやらプレーヤー本体は「Zii EGG」という名称であるようです。


実機デモの様子
YouTube - ZiiLABS Android on Plaszma Demo


Androidを利用したデモムービー
YouTube - ZiiLABS HD Android Demonstration


ちなみに気になる価格ですが、内蔵メモリを省略したバルクモデルの価格が199ドル(約1万8800円)とされています。

「Zii」のプレスリリースは以下から。

ZiiLABS - Pioneering Digital Media Processing

・関連記事
ソニーがウォークマンにGoogleの「Android」を採用へ、iPodなどに対抗か - GIGAZINE

タッチスクリーンを搭載したAppleのネットブックは新たな音楽フォーマットに対応か - GIGAZINE

クリエイティブが超低価格な音楽プレーヤー「CREATIVE ZEN MX」を発売、SDHCメモリカードで容量増設も可能 - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log