映画

宮崎アニメを実写に置き換えた様な作品を目指すM・ナイト・シャマラン監督最新作「The Last Airbender」予告ムービー公開


「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」「レディ・イン・ザ・ウォーター」「ハプニング」の監督として有名なあのM・ナイト・シャマラン監督の最新作「The Last Airbender(ザ・ラスト・エアベンダー)」の予告編が公開されました。ストーリーとしては、水・土・火・気の4つの国にはそれぞれ同じように水・土・火・気の力を操るベンダーと呼ばれる使い手が存在し、この4つすべてを使いこなす者を「アバター」と呼び、崩れた世界の秩序を元に戻すため、このアバターの後継者である12歳の少年アンが冒険する話になるらしい。

原作は海外のアニメ作品「アバター 伝説の少年アン」で、アカデミー賞を受賞した「スラムドッグ・ミリオネア」のデヴ・パテルが主演。これまでのM・ナイト・シャマラン監督作品とは随分と雰囲気が違っていますが、シャマラン監督自身も実は熱烈な宮崎駿監督のファンであり、「宮崎アニメを実写に置き換えた様な作品を目指す」と語っているそうです。

再生は以下から。
The Last Airbender | Trailer & Official Movie Site | Summer 2010
http://www.thelastairbendermovie.com/



そのほかの画像については下記サイトで公開されています。

Three High Resolution Photos From The Last Airbender | /Film

ちなみに、元になったアニメについては日本でも放送されており、ストーリーの詳細や実際のアニメ映像は以下から確認できます。

最強キッズTV! - ニコロデオン NICKELODEON|番組じょうほう|アバター 伝説の少年アン


なお、日本での公開は公式サイトによると、2010年8月7日(土)になるそうです。

・関連記事
どうしてハリウッド映画は予算に何百億円もかけられるのか? - GIGAZINE

違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が撤退 - GIGAZINE

この予告編を編集した人はすごい、「崖の上のポニョ」がHD画質だとどれぐらいド迫力なのかがよくわかる「Ponyo」HD画質予告編映像がネット初登場 - GIGAZINE

「シックス・センス」「サイン」のシャマラン監督最新作「ハプニング」のR-18指定予告編が登場 - GIGAZINE

過激すぎて映画館では上映できないR-18指定、禁断の「ミラーズ」特別予告編映像ムービー先行公開 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse