×
モバイル

Apple、「iPhone 3G S」をさりげなく「iPhone 3GS」に名称変更


Appleが日本時間の6月9日に従来の2倍にあたる動作速度を実現した最新モデルとなる携帯電話「iPhone 3G S」を発表しましたが、さりげなく正式名称が「iPhone 3GS」に変更されていることが明らかになりました。

すでにAppleの公式ページだけでなく、日本での販売元となるソフトバンクモバイルの公式ページでも名称が書き換えられています。

詳細は以下から。
アップル - iPhone - 携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。

AppleのiPhone公式ページによると、以下のように「iPhone 3G S」の表記が「iPhone 3GS」に変更されています。


また、「iPhone 3G S」が発表された当時の製品情報ページは以下でしたが、現在は「iPhone 3GS」という表記に変わった製品情報ページに自動で転送されるようになっています。

アップル - iPhone - iPhone 3G S 新機能のすべて
http://www.apple.com/jp/iphone/iphone-3g-s/


ちなみに日本での販売元となるソフトバンクモバイルの予約受付に関するページもいつの間にか「3GS」の表記に変わっています。

「iPhone 3GS」予約受付について | SoftBank


何の前触れもなく表記が変わったため、若干違和感がありますが、いったいどのような理由があったのでしょうか。

・関連記事
劣化したiPhone 3Gのバッテリーを格安で交換するサービス開始、タッチパネルなども安価に修理可能 - GIGAZINE

「頭金」「契約金」と称する上乗せ代金をソフトバンクショップなどに取られてしまった場合、どうすればいいのか? - GIGAZINE

ソフトバンクモバイルが「iPhone 3G S」の発売を正式発表、気になる価格は? - GIGAZINE

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log