これで忙しい日も一安心、コンパクトな「USB電子レンジ」が登場


せっかくいれたコーヒーや紅茶が電話応対に追われているうちに冷めてしまった時や、惣菜パンが空調で冷え切ってしまった時など、ちょっとしたものを温めたい時にとても便利な「USB電子レンジ」が登場しました。

忙しい現代人には必須のアイテムかもしれません。

詳細は以下から。
Beanz meanz microwaves? Heinz create gadget that can heat a snack in 60 seconds | Mail Online

この記事によると、USBで駆動する電子レンジのプロトタイプ(試作品)が登場したそうです。この電子レンジは世界最小となっており、USBだけでなくリチウムイオンバッテリーで駆動することも可能。

これがUSB駆動の電子レンジ。パイやハンバーガー、スープ、お茶を温めることができます。


なお、気になるプロトタイプの価格ですが、100ポンド(約1万5700円)になるとされており、大量生産によって価格を下げることができるとされています。

なかなか便利なアイテムですが、製品化されて日本でも発売される日は来るのでしょうか。

・関連記事
これで寒い日も安心、いつでも温かいお弁当が食べられる「USBあったか弁当箱ポーチ」が登場 - GIGAZINE

なんだかやたら本格的な流しそうめんが自宅で実現できる「流しそうめん そうめんや」 - GIGAZINE

このパソコン地獄へ流します、まるで五寸釘のようなUSBメモリ - GIGAZINE

転送速度10倍の「USB3.0」は期待されているほど速度が出ない? - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log