箱根補完マップを使って「エヴァンゲリオン」の街・第3新東京市の舞台探訪に挑戦 前編


美水かがみの4コマ漫画「らき☆すた」は2007年4月~9月にかけてアニメ化されて人気を博しました。この作品の登場人物が住んでいる神社「鷹宮神社」のモデルが埼玉県の鷲宮神社であるということで作品のファンが押し寄せ、2009年の初詣は前年比12万人増というすごい影響を見せました。

このような、アニメやマンガ、ゲームに登場した場所のモデルやロケ地を訪れる行為を「聖地巡礼」と呼び、有名なところでは「おねがい☆ティーチャー」の舞台・長野県大町市、「ひぐらしのく頃に」の舞台・雛見沢村のモデルとなった岐阜県大野郡白川村(白川郷)などが多くのファンの訪問を受けています。

6月27日(土)に映画第2弾が公開される「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」も箱根に作られた第3新東京市を舞台にしており、作品中には箱根に実在する地名がけっこう登場します。ちょうど「箱根補完マップ」が発行され、モデルとなった場所が地図上でどこなのかがわかりやすくなったので、地図を片手に舞台探訪してきました。

使用した「箱根補完マップ」。箱根の2万5千分の1地形図に第3新東京市や周辺舞台が示されています。


小田原から箱根へ向かうと必ず通ることになる、箱根登山鉄道の箱根湯本駅。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の冒頭、第4の使徒サキエルと国連軍との交戦で停車中の車両ごと駅が吹っ飛ばされる描写があります。


特徴的な波形の屋根。


テレビ版第四話「雨、逃げ出した後」では、出撃を拒否して家出した結果、パイロットを抹消され第3新東京市を離れることになったシンジがミサトたちの言葉を思い出して決意を新たにする駅でもあります。シンジが乗る予定の政府専用特別列車が発車する時間ギリギリにミサトのアルピーヌ・ルノーA310が滑り込んできて、列車に乗らずホームに残っていたシンジと「ただいま」「おかえり」というやりとりを行うカットはちょうどこの場所。


新松田行きの各停が発車していきました。2015年にはリニア式のロマンスカーになっているそうですが、現実にはそんな予定はありません。


駅前のバス停で、去りゆくシンジをケンスケとトウジが見送りに来てくれたのですが、残念ながら駅舎改築のためそのバス停はなくなってしまいました。改築前はアニメに登場する姿そのままだったようです


トウジがシンジを殴る原因になった妹のケガは、サキエル迎撃時のN2地雷使用によるもの。その爆心地となったのがこの鷹巣山(地図07番・写真中央)。しかし、山一つ丸ごと吹き飛ばすほどの爆発でも使徒を倒すには至らず、シンジの乗った初号機が出撃することになるわけです。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のクライマックス、ヤシマ作戦でラミエルを狙い撃った初号機は下二子山に作られた二子山第2要塞から攻撃を行いました。これはお玉ヶ池あたりから下二子山を見たもの。たぶん山頂付近にポジトロンライフルを設置していたのだと思われます。芦ノ湖スカイラインの山伏峠からはきれいに下二子山が見えるようです


湖尻峠あたりから芦ノ湖南方を望む。芦ノ湖の奥の方にあるのが元箱根の町で、ラミエルはそちらの方角から芦ノ湖上空へ侵入してきました。


左側に見えているのは桃源台や湖尻。


桃源台あたりはラミエルの加粒子砲攻撃で吹っ飛んでしまいました。


これは地図13番あたり。NERV本部上空に陣取ったラミエルからの攻撃でこのあたりも焦土と化します。


桃源台は箱根ロープウェイの終着点になっています。作中では武装ゴンドラが吊られており、防衛線を形成していました。


作中で使われたカットは道路の上をロープウェイが通っているもの。イメージ的にはこんな感じですが、もっと山の中のような描写でした。


補完マップによると、作中で使われたカットに近いのは早雲山付近だとのこと。


桃源台からは芦ノ湖の遊覧船が出ています。


作中では左手の船乗り場あたりに集光ブロックが設けられていて、半水上都市になっていました。


家出をしたシンジが訪れた大涌谷。


山肌から白煙が上がるという、なんとも絵になる光景です。


白っぽい灰色のお湯が沸いていました。


こちらには人がいっぱい並んでいます。


何かと思ったら、名物の「延命長寿 黒たまご」でした。


5個入り(塩つき)で500円、バラ売りはしていません。


1個食べると7年寿命が延びるというウワサ。


まるでプルーンかブドウみたいな見た目ですが、ゆで卵です。


殻をむくと中身は普通でした。できたてで芯から温かくおいしい。


テレビ版第四話では斜面に沿って段々畑のようにコンクリート壁が連なっている描写がなされていました。実際、大涌谷では地崩れを防ぐための補強工事が行われていました。おそらく2015年までには上から下までガッチリと補強が完了していることでしょう。


それにしても、なぜシンジは大涌谷へ来たのでしょうか。


家出をしたシンジは第3新東京市を走る環状線に乗り込みましたが、その通過駅の一つが長尾峠駅。現実世界では樹木が生い茂っているほか何もありません。場所はこのあたりであっているはずなのですが……。


ちなみに箱根の反対側を見ると富士山の姿を見ることができます。


次は第3新東京市のある仙石原を中心に紹介します。

・つづき
箱根補完マップを使って「エヴァンゲリオン」の街・第3新東京市の舞台探訪に挑戦 後編



なお、このマップを2017年7月開催・GIGAZINE夏のプレゼント大放出企画「アンケートに答えて全部持っていってください!」でゲット可能です。応募の締切は2017年8月3日(木)23:59です。

・関連記事
劇中登場シーンをまとめた「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ」、朝から長い列が出来上がった先行配布の様子 - GIGAZINE

あの「エヴァケータイ」こと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 NERV特別仕様ケータイ」を徹底解剖、限定の支給記念グッズが配布される記念式典も - GIGAZINE

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」関連の食品・飲料を買い集めてみた【飲料編】 - GIGAZINE

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」関連の食品・飲料を買い集めてみた【食べ物編】 - GIGAZINE

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」関連の食品・飲料を買い集めてみた【お菓子編】 - GIGAZINE

0

in 取材,  映画,  アニメ, Posted by logc_nt