ターミネーター+攻殻機動隊みたいな映画「Surrogates」予告編ムービーHD版公開


人間の代理として、自宅にいながらにして思い通りの姿のロボットに意識を移して遠隔操作し、そのロボットが見たものを見て、感じたものを同じように感じることが可能で、それでいてロボットが危険な目に遭うことがあったとしても自宅にいる自分自身は安全である未来の社会で起きた事件を描くのがこの「Surrogates」という映画。主役はブルース・ウィリスで警官役、ターミネーター3のジョナサン・モストウが監督。同名のグラフィック・ノベルを原作としており、なんというか「攻殻機動隊」をハリウッドで実写映画化したらこんな感じになるんじゃないかという雰囲気になっており、出てくるロボットが「ターミネーター」というか、「アイ,ロボット」というか、それっぽい見かけをしています。

再生は以下から。
Surrogates trailers and video clips on Yahoo! Movies


なお、アメリカでの公開は2009年9月25日を予定しており、日本での公開はまだ未定です。

・関連記事
ついに「攻殻機動隊」がハリウッドで実写映画化へ - GIGAZINE

攻殻機動隊の「義体化」へ一歩前進、脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功 - GIGAZINE

ついに「光学迷彩」に使える不可視の新素材が登場へ - GIGAZINE

寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで寿命延長が可能に - GIGAZINE

眼球に埋め込まれたカメラで見た物すべてを記録し映画にするプロジェクト - GIGAZINE

0

in 動画,  映画, Posted by darkhorse