ついに高グラフィック性能を実現したIONプラットフォーム採用の低価格ミニノートが登場


以前GIGAZINEでAcerが高いグラフィック性能を実現したNVIDIAの「IONプラットフォーム」を採用した低価格デスクトップパソコン「Aspire Revo」を発売することをお伝えしましたが、ついにIONプラットフォームを採用した低価格ミニノートが登場することが明らかになりました。

グラフィック性能の面で心もとない印象の強かった低価格ミニノートですが、同プラットフォームを採用することでハイビジョン動画やH.264形式の動画の再生、動画の高速エンコードなどが実現するようです。

詳細は以下から。
Lenovo IdeaPad S12 first to implement ION on mobile platform

この記事によると、ThinkPadでおなじみのLenovoから低価格ミニノート「IdeaPad S12」が発売されるそうです。

「IdeaPad S12」はCPUにIntelのAtom N270(1.6GHz)と12インチ液晶を搭載したミニノートで、NVIDIAの「IONプラットフォーム」を採用することにより、ハイビジョン動画の再生や外付けBlu-rayドライブによるBlu-rayディスクの再生、3Dゲームのプレイやリアルタイムの動画エンコードなどを実現しているとのこと。

これが「IdeaPad S12」です。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色。


ホワイト


ブラック


天板には「Lenovo」のロゴが。


なお、気になる価格は600ドル(約5万6700円)になるとされており、7月および8月に発売されるであろうとしています。

・関連記事
低消費電力でパフォーマンスが向上した「次世代Atomプロセッサ」を搭載した低価格ミニノートが登場へ - GIGAZINE

Acerが新型CPUを搭載したミニノート発売に向けて「Aspire One」を大幅減産へ - GIGAZINE

単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」登場、価格は2万円程度 - GIGAZINE

高性能で省エネを実現したコンパクトな低価格デスクトップ「Aspire Revo」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log