下着の上にプロジェクターで服を投影するPUMAのCM


プロジェクターで投影することで服や背景を見せるという視覚的な面白さのあるCM。

世界中でスポーツ用品を販売するPUMAの靴「L.I.F.T」の宣伝として作られていて、靴だけは映像ではなく本物を履いています。

詳細は以下から。
I Believe in Advertising | Advertising Blog Community | Only selected advertising >> Puma: L.I.F.T

映像投影前。靴だけが鮮やかな色彩を放っています。


映像投影後。舞台は砂浜となり、服を着ているかのように見えます。


こちらはかなり判別が難しい。


この写真だとよく見ると実際に服を身につけていないことがすぐに分かります。


PUMAの公式サイトではこの投影手法をつかった演劇のムービーが見られます。

「WATCH」の所にマウスを移動させて表示される一番上の画像をクリック。YouTubeにもあります。
PUMA_l.i.f.t.



白い部屋でカウントダウン開始。


始まると男性に服が投影され、背景が変わります。


女性も登場。


投影する背景を変えることでドンドン舞台が変わっていきます。


最後はまた真っ白の部屋に。


靴のCMでした。


海外の公式サイトでは、女性の周りにあるオブジェクトをクリックすると様々な物と靴の重さを比べていきます。
Puma Lift



右下のオブジェクト欄が埋まると自分の着ている服と重さ比べ始める女性。


さらにその後、コードを入力して下着を脱がすチャレンジが始まります。


クリアしていないのでこの後どうなるのかは分かりませんが、気になる人は挑戦してみてください。

・関連記事
好きな下着をモデルのお姉さんが実際に着用して見せてくれる「KnickerPicker」 - GIGAZINE

目の錯覚で白黒写真がカラーに見えるオプティカル・イリュージョン - GIGAZINE

セクシーなお姉さんが下着姿でリフティングしているSamsungのCM - GIGAZINE

路上に描かれた立体的なトリックアート - GIGAZINE

0

in 動画,  メモ, Posted by darkhorse_log