虫歯に歯と同じ成分を吹き付けて治療する装置が登場


歯を再生する技術の研究や、虫歯の原因となる菌「虫歯菌」だけを溶かして、良い働きをする善玉菌を残すという画期的な酵素が登場するなど、虫歯の治療に対してさまざまなアプローチが試みられていますが、歯と同じ成分を吹き付けて治療する装置が登場しました。

歯と同じ成分を用いるため、実現すれば従来の治療法よりも虫歯の再発が抑えられると期待されており、歯周病の予防にも利用できるとのこと。

詳細は以下から。
東北大など、虫歯に歯と同じ成分を吹き付ける治療装置を開発:日刊工業新聞

日刊工業新聞社の報道によると、東北大学と歯を白くする歯磨き粉「アパガード」などを手がけるサンギ、精密光学機器を手がける仙台ニコンなどが、虫歯で削った部分に歯と同じ成分の微粉末を高速で吹き付けて治療する装置を開発したそうです。

これは東北大学でナノメカニクスを専攻する厨川常元教授が研究する微粒子の定量噴射技術を応用したもので、「アパガード」などに用いられている歯や骨を構成する成分「ハイドロキシアパタイト」の微粒子を噴射して室温や大気圧の状態で短時間に成膜できるというもの。

これにより従来の削った部分に樹脂や金属をそのまま接着する治療法よりも虫歯の再発が抑えられると期待されるほか、粉末の成分を変えれば歯周病の予防にも利用できるとされており、3年後の商品化を目指し臨床実験に入るとしています。

なお、精密な噴射制御が可能な電動型と、簡易構造で低コスト化が可能なタイプの2機種が試作されており、歯の治療に使うドリルと似た形状であるため、手軽に扱えるそうです。

・関連記事
リンゴでガンや心臓病、虫歯などが予防できるかもしれません - GIGAZINE

口臭を改善する8つの方法 - GIGAZINE

ゲータレードはコカコーラよりも早く歯を溶かす? - GIGAZINE

口内の虫歯菌が激減、虫歯菌だけを溶かす酵素が商品化へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log