ハードウェア

単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」登場、価格は2万円程度


ノートパソコンを出先で利用するときに最も困るのはバッテリーの充電ですが、なんと単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」が登場しました。

なんと「EeePC」や「Aspire One」を下回る2万円程度の低価格を実現しており、非常にお手軽なモバイルマシンとなっています。

詳細は以下から。
The Gecko Laptop | NorhTec - Products

このリリースによると、NorhTecという会社が「The Gecko Laptop」というミニノートを7月に発売するそうです。「The Gecko Laptop」は単三電池8本で4時間動作するほか、リチウムイオンバッテリーで動作することも可能。

また、1GHzのXcore86プロセッサ、256MB~1GBのメモリ、LEDバックライトを採用した1024×600の8.9インチ液晶ディスプレイなどを搭載しており、記録媒体としてSDメモリカードまたは2.5インチのHDDを採用。OSはUbuntu Remixのほか、Windows XPをサポートしているとのこと。

これが「The Gecko Laptop」


単三電池を入れたところ。


記録媒体として2.5インチのHDDまたはSDメモリカードを利用可能。ちなみにフタの裏にCPUとメモリモジュールが配置されているため、CPUなどのアップグレードも容易に行えるようです。


なお、3つのUSBポートに加えて、内部に1つUSBポートを備えることで第3世代携帯電話や無線LAN、WiMAXなどの通信モジュールを搭載することも可能となっており、気になる価格は基本構成モデルが200ドル(約1万9300円)となっています。

・関連記事
NVIDIAのIONプラットフォームとデュアルコアCPUを採用した低価格デスクトップ「ION 330」が登場 - GIGAZINE

Appleの低価格ミニノート、いよいよ生産に向けて準備開始か - GIGAZINE

NECがパソコンと携帯電話を融合させた製品を発売へ、専門組織を新設 - GIGAZINE

携帯電話やゲーム機、パソコンなどを同時に充電できる小型バッテリー「MyBattery Book X」を試してみた - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log