自分の運転していた車にひかれた17歳の少女


自動車が人をひく事故といえば他人の運転している車に自分が巻き込まれてしまうか、自分の運転している車に他人を巻き込んでしまうというのがほとんどだと思いますが、自分の運転していた車にひかれてしまうというレアな事故に遭った少女がいるそうです。

詳細は以下から。
Girl, 17, run over by her own SUV during 'ghost ride' stunt - San Jose Mercury News

自分自身をひいてしまった17歳の少女は「ゴーストライド」と呼ばれるパフォーマンスを行って事故を起こし、病院に運ばれることになりました。「ゴーストライド」とは運転手が自動車から出て踊りながら自動車と一緒に移動したり、車の屋根の上に乗ったりするパフォーマンスでベイエリアでサンフランシスコのイーストベイでは大衆化しているそうです。

ゴーストライドはこんな感じ。危険なのでマネはしないようにしてください。
YouTube - GHOST RIDE IT



少女は自分のシボレー・ブレイザーを使ってSan Jose AvenueとStonewood Driveの近くでゴーストライドを行い、車は音楽を鳴らしながらゆっくりと移動していました。しかし、運転席側のフットステップに立っていた少女は手を滑らせて地面に落下。車は少女の脚をひいていきました。命に関わるケガではありませんでしたが重傷であったため、少女はヘリコプターで病院に運ばれました。

このゴーストライドはラッパーのE-40が「Tell Me When to Go」という曲のプロモーションビデオに写っていたことで広まり、事故が増えているそうです。

・関連記事
あらゆる意味で「ゴーストライド」に失敗しているムービー - GIGAZINE

自分の車に閉じ込められてしまった女性 - GIGAZINE

自分のヌード画像を携帯電話でクラスメートに送った15才の少女を児童ポルノで逮捕 - GIGAZINE

車にひかれた仲間を、自分の命をかけて助けに行く勇敢な犬の動画 - GIGAZINE

自動車工場ならではのアクロバティックな昼休みの過ごし方のムービー - GIGAZINE

0

in 動画,   メモ, Posted by darkhorse_log