Intel、高速タイプのSSDを近日中に大幅値下げか


昨年9月にIntelがノートパソコンやデスクトップパソコン向けに高速タイプのSSDを発売しましたが、近日中に値下げされることが明らかになりました。

価格の高さが普及のネックとなっていたIntel製のSSDですが、一部のモデルを中心に大幅な値下げが行われるようです。

詳細は以下の通り。
Intel SSD Price Cut On April 26th - VR-Zone.com: News and Reviews

この記事によると、Intelはアメリカ時間の4月26日(日)にSSDの価格改定を行うそうです。

価格改定が行われるのはMLC(マルチレベルセル)のフラッシュメモリを用いた大容量モデルのSSDで、50ドル~100ドル(約4900円~約9800円)程度値下げされるとのこと。ちなみに大容量モデルは読み込み速度が毎秒最大250MB、書き込み速度は毎秒最大70MBとなっています。

これが値下げ前と値下げ後の価格。80GBモデルは385ドル(約3万8000円)から335ドル(約3万3000円)に値下げされ、160GBモデルは760ドル(約7万5000円)から660ドル(約6万5000円)に値下げされることになります。


値下げは消費者にとってうれしい話ですが、この値下げを機に他社も追従して値下げを行うのかどうかも気になるところですね。

・関連記事
HP、HD液晶とIntel製の高速SSDを搭載した低価格ミニノート「HP Mini 2140」のハイスペックモデルを発売 - GIGAZINE

PS3のHDDをIntelの超高速SSDに換装するとパフォーマンスはどれだけ向上するのか - GIGAZINE

これがSSDの実力、古いパソコンをSSDに換装すると爆速で起動可能に - GIGAZINE

Intelの爆速で長寿命な超ハイエンドSSDが短期間で半額以下に - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log