温暖化で氷河が溶けた後に現れたハート型の湖


親愛の情や人間の心自体の表現として用いられるハートですが、自然に存在しているのを見かけることはあまり多くありません。しかし、温暖化で氷河が溶けた後にハート型の湖が現れたという写真が撮影されているそうです。

詳細は以下から。
The lake that Cupid made (after global warming had melted the glacier) | Mail Online

ノルウェーの島でハート型の湖の写真を撮影したのはフランスの写真家Bruno Mazodierさん。気候の変化によって氷河が溶けたあとに、約36メートル×約27メートルといったサイズのハート型のくぼみが形成され、雨や雪によって水がたまり湖となっているそうです。

その写真がこれ。湖は見事なハートの形となっています。


アベリストウィス大学のBryn Hubbard博士は「ノルウェーの氷河はずっと溶けてきているが、このようなハート型のくぼみができるのは珍しい」と話しています。

・関連記事
「脳内メーカー」の女性版「ハートメーカー」が登場 - GIGAZINE

神秘的な雰囲気のある美麗な地底湖 - GIGAZINE

氷河の中で見つかった男性のミイラ「アイスマン」をじっくりと見られる「Iceman photoscan」 - GIGAZINE

スイスのアルプス氷河で約600人がヌード撮影 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log