Appleの低価格ミニノート、いよいよ生産に向けて準備開始か


「ユーザーは求めていない」として、昨年11月に上級副社長が否定したAppleの低価格ミニノート市場への参入ですが、生産に向けた準備が開始されたことが明らかになりました。

すでに台湾の液晶ディスプレイメーカー「Wintek」がAppleからミニノート用とみられるタッチパネルを受注したことが明らかになっていますが、はたしてApple製のスタイリッシュな低価格ミニノートは登場するのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Foxconn to land Apple netbook order, says paper

この記事によると、電子機器の生産を請け負う電子機器受託生産(EMS)分野で世界最大となる台湾メーカーのFoxconn(正式な社名は鴻海精密工業)が、Appleからの低価格ミニノートの生産を請け負う準備に入ったそうです。

なお、AppleはFoxconnに対してiPhoneやiPod、MacBookなどの製造も委託していますが、MacBookの製造委託はFoxconnの第2四半期の業績の成長に大きく寄与したとしています。

AppleがSamsungに対して1億個のフラッシュメモリを発注したことが今月明らかになりましたが、年内に登場する可能性が取りざたされている新型のiPhoneだけでなく、低価格ミニノートにフラッシュメモリが採用される可能性もあるのでしょうか。今後の動向から目が離せません。

・関連記事
次世代iPhoneと思われる写真が流出、安価なエントリーモデルも登場か - GIGAZINE

超豪華賞品も、Appleが「App Store」の10億ダウンロードカウントダウンを開始 - GIGAZINE

HP、HD液晶とIntel製の高速SSDを搭載した低価格ミニノート「HP Mini 2140」のハイスペックモデルを発売 - GIGAZINE

Acer、3DゲームやHD動画を楽しめる「ION」ベースの超小型低価格パソコン「AspireRevo」を発売 - GIGAZINE

0

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log