メモ

巨大なおっぱいが見られる教会


血の涙を流すマリア像」に代表されるように教会では様々な奇跡が起こることがありますが、巨大さではこれらに勝るとも劣らない奇跡がサンフランシスコの教会で起こりました。これほどの宇宙の営みの神秘と母性と愛を感じる奇跡はこれまでになかったのではないでしょうか。

詳細は以下。
Topless Peepshow on Display Daily at SF Church | NBC Bay Area

奇跡の舞台となった教会は、サンフランシスコのCathedral of Saint Mary of the Assumption

大きな地図で見る

1日2回、朝と晩の決まった時間に巨大なおっぱいの影が、大聖堂の外壁に現れます。


もはや風景の一部となっていますね


約2km離れた地点からの写真ですが、そのほとばしる母性を感じます


街のどこからでも見られるこの巨大さ。なんという奇跡。


「午後2時ぐらいが一番いい感じに見える」そうです。

・関連記事
聖母マリアを見るために太陽を見つめ続けた50人が失明 - GIGAZINE

目の前を通るのが恥ずかしくなってしまう、ちょっと困った壁 - GIGAZINE

おっぱい形の絵馬を奉納すると乳の病が治る乳神様として知られる「軽部神社」訪問記 - GIGAZINE

in メモ,   Posted by darkhorse_log