×
ハードウェア

最大4番組を同時録画できるデジタル放送チューナー「PT1」が生産終了


ハイビジョンキャプチャボード「PV3」や「PV4」などで知られるアースソフトが、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度デジタルCS放送に対応したパソコン向け3波対応デジタルチューナー「PT1」を発売することを昨年8月にGIGAZINEでお伝えしましたが、ついに生産終了となったことが明らかになりました。

同時に最大4番組を録画できるというとんでもないチューナーで、わずか5枚の限定販売のために150人が深夜の秋葉原に集まったというエピソードもある「PT1」ですが、後継モデルは登場するのでしょうか。

詳細は以下の通り。
有限会社アースソフト

「PT1」を製造している有限会社アースソフトの公式ページによると、本日付けで「PT1」が生産終了品となったそうです。

すでに3月の時点で生産終了になるという話が秋葉原のショップを中心として流れており、公式サイトでは新たなロットの生産に関して「販売単位4920台、納期5ヶ月」という条件で3月31日まで注文を受け付けていたものの、生産終了となっていることから、注文は無かった模様。

非常に人気の高かった「PT1」ですが、大好評だったハイビジョンキャプチャボード「PV3」に続いて「PV4」が発売されたように、「PT2」が登場する可能性もあるのでしょうか。気になるところです。

・関連記事
これでどこでもデジタルハイビジョン放送が見られるように、世界最小のフルセグハイビジョン受信機「フリーオエクスプレス」登場 - GIGAZINE

ついにあの「フリーオ」がB-CASカード不要に、とんでもない方法を採用 - GIGAZINE

話題の地デジチューナー「MonsterTV HDUS」はもう手に入らないのか? - GIGAZINE

地デジで有名な「B-CAS」の財務状況が明らかになったので税理士に鑑定してもらいました - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log