大手HDDメーカーのWestern DigitalがSSDメーカーを買収


世界シェア2位のHDDメーカーであるWestern DigitalがSSDメーカーを買収したことを発表しました。

これでHDDとSSDのメリットを組み合わせた強力な記録媒体などが登場するようになるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Western Digital pays $65M for solid-state drive maker

この記事によると、Western Digitalは現地時間の3月30日、カリフォルニアにあるSSDメーカーのSiliconSystems社を買収したそうです。

買収額は6500万ドル(約63億円)で、これによりWestern Digitalは低価格ミニノート向けなどをはじめとしたSSD市場への参入が加速したとのこと。

なお、SiliconSystems社は2002年に創業され、ネットワーク通信や組み込み機器、医学関係や軍といったさまざまな分野に、2.5インチないし1.8インチのシリアルATAやIDEモデルなどのSSDやコンパクトフラッシュなど、400万を超えるフラッシュメモリ製品を提供しているメーカーだとしています。

・関連記事
最大読み込み速度は毎秒270MB、高容量と高耐久性を実現したSSD「G-MONSTER V4」が登場 - GIGAZINE

最高速度は毎秒700MB以上、超高速転送と1TBの大容量を実現したSSD「Z DRIVE」が登場 - GIGAZINE

これがSSDの実力、古いパソコンをSSDに換装すると爆速で起動可能に - GIGAZINE

PS3のHDDをIntelの超高速SSDに換装するとパフォーマンスはどれだけ向上するのか - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log