普及率は70%以上?韓国の悲惨なマジコン事情が明らかに


ニンテンドーDSでダウンロードしたコピーソフトを遊ぶことができる「マジコン」と呼ばれる機器を輸入、販売している複数の業者に対して、任天堂とソフトメーカー54社が不正競争防止法に基づいた一斉提訴を行った結果、東京地裁により販売差し止めが全面的に認められたことは記憶に新しいですが、韓国のマジコン事情が明らかになりました。

なんと普及率が70%を超える可能性があり、正規ソフトの販売に深刻な影響を与えているようです。

詳細は以下の通り。
「ニンテンドーDS」、韓国で違法コピー横行 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読売新聞社の報道によると、現在韓国でニンテンドーDSソフトの違法コピーが横行しているそうです。

韓国では2007年1月にニンテンドーDS Liteが発売されて以来、2年間で200万台を売り上げたヒット商品となっていますが、同時にマジコンが140万個以上売れていると推測されるとのこと。

また、韓国の電気街でゲーム店を経営する店長によると、ニンテンドーDS向け正規ソフトは月に5本ほどしか売れないにもかかわらず、マジコンは月に20~50個売れており、また、正規ソフト1本を売った利益が4000ウォン(約300円)なのに対して、マジコンは1台あたり約5倍の利益を得られる魅力的な商品としています。

ちなみに任天堂の韓国法人は関税庁に取り締まりを要請しており、すでに約20万個を押収していますが、マジコンを別の電器店などに保管して、客の注文時に店員が取りに行くなどして摘発を逃れる店もあるなど効果は乏しいほか、同様の被害は中国、香港、ブラジル、メキシコ、スペインなど世界規模で広がっているそうです。

日本でもゲリラ販売が行われるなど、水面下での販売が続いているマジコンですが、はたして根絶することは可能なのでしょうか。

・関連記事
違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が撤退 - GIGAZINE

「マジコンではありません」、オークションに謎のニンテンドーDS周辺機器「3777788」が大量出品 - GIGAZINE

今度はオークションに「マジコンを購入する権利」が出品される - GIGAZINE

ついにYahoo!オークションがマジコンの出品禁止 - GIGAZINE

終わらない攻防、ついにニンテンドーDSi向けのマジコンが登場 - GIGAZINE

0

in ゲーム,   メモ, Posted by darkhorse