読書がストレス解消に非常に効果的であることが研究で明らかに


通勤・通学時や休みの時にゆっくり本を読むのが楽しみにしている人もたくさんいますが、読書がストレス解消に効果的であることが研究で明らかになったそうです。また読書のストレス解消効果は音楽・ティータイム・散歩よりも効果的とのこと。

また、短時間の読書でも効果的が出ることもわかり、極めてすぐれたストレス解消方法になるようです。

詳細は以下より。
Reading 'can help reduce stress' - Telegraph

イギリスのサセックスにある大学で、心拍数などから読書・音楽視聴・1杯のコーヒータイム・テレビゲーム・散歩それぞれのストレス解消効果を検証したところ、読書は68%・音楽試聴は61%・コーヒータイムは54%・散歩は42%・テレビゲームは21%ストレス解消効果が現れたそうです。また、静かなところで読書を行えば、わずか6分間で60%以上のストレス解消効果を得られるとのこと。

ただし、本を読むこと自体が重要なのではなく、本を読んでいる時間は現実世界のことを忘れてしまうくらい夢中になる事が重要であり、本の内容に没頭しないと効果が最大限に得られないとのこと。

この記事での研究では、読書が最も効果的という結果がでたようですが、要するに何か夢中で没頭できるものが最もストレス解消効果があると見て取れるため、活字嫌いの人はほかに没頭できるものを行えばいいのかもしれません。

・関連記事

活字離れに終止符を打つ、楽しく本を読むための7つの方法 - GIGAZINE

本を買ったが読まずに積んでそのままにしてしまう「積ん読」を防ぐ10の方法 - GIGAZINE

勤務中でも簡単にできるストレス軽減ストレッチ - GIGAZINE

ストレスがたまっている人ほど多くのアイスを出してくれる機械 - GIGAZINE

心理学者が作った世界で最もリラックスできる部屋 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log