今日は毎月恒例「Windows Update」の日、全部で3件


毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されました。今月は緊急が1件で重要が2件。リモートでコードが実行される脆弱性やなりすましを行われるのが修正されているので、すぐにアップデートしておきましょう。

Windows Update
http://windowsupdate.microsoft.com/

詳細は以下から。
2009 年 3 月のセキュリティ情報

Windows カーネルの脆弱性により、リモートでコードが実行される (958690)

最大深刻度および脆弱性の影響
緊急 リモートでコードが実行される
再起動情報
要再起動
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Windows

SChannel の脆弱性により、なりすましが行われる (960225)

最大深刻度および脆弱性の影響
重要 なりすまし
再起動情報
要再起動
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Windows

DNS および WINS サーバーの脆弱性により、なりすましが行われる (962238)

最大深刻度および脆弱性の影響
重要 なりすまし
再起動情報
要再起動
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Windows

次回は4月15日(水)に提供予定となっています。

セキュリティ情報リリース スケジュール

・関連記事
謎の実行ファイル「Pifts.exe」をめぐって、ノートンインターネットセキュリティの公式掲示板が大荒れに - GIGAZINE

経済産業省、ニューアイドル「セキュリーナ」を起用してパソコンのセキュリティ対策を呼びかけ - GIGAZINE

アンチウイルスソフトの動作確認用テストウイルス「EICAR」 - GIGAZINE

かつて「伝説のハッカー」として恐れられたケビン・ミトニック氏にいろいろ質問をぶつけてみました - GIGAZINE

0

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by darkhorse_log