あのBMWがデザインした近未来的デザインのPCケース「Level 10」


このPCケース、大きさはフルタワー以上となっており、伝統的なPCケースとは違って、ハードディスクや電源パーツがそれぞれ個別にコンポーネント化しているのが特徴。メインとして想定しているユーザーはゲーマー層で、セントラルベースにコンポーネント化された各パーツを組み替えて搭載するという感じの実装になっています。

ちなみに、ただのコンセプトモデルではなく、数量限定ながら実際に販売する予定があるとのこと。コンセプトをデザインしたのはBMW Group Design Works USAで、Thermaltakeの10周年記念モデルになるそうです。

詳細は以下から。
Thermaltake 2009 at CeBIT Hannover!

BMWのチームとThermaltakeのCEO


かなり大きい


ユーザーの興味もかなり引いている模様


激写中


The Inquirer」によると、実際にはこんな感じ。


正面はこうなってます。


フランスのサイト「ereNumeRique」に掲載された写真を見ると、側面が赤く光っています。


背面もすごいことになってます。


セントラルベースもすごいことに。


なお、2009年6月に台湾で開催される「2009 COMPUTEX TAIPEI」で正式発表される予定で、その際に詳細な仕様などが明らかになり、2009年末から2010年初頭に販売を開始する予定だそうです。

価格はどれぐらいになるのでしょうかね?

・関連記事
妻の身体でパソコンケースを作った男 - GIGAZINE

レゴでつくったPCケースあれこれ - GIGAZINE

インパクトあふれるオリジナルPCケースの数々 - GIGAZINE

人の注目を集める変わったPCケースいろいろ - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse