SSDに引けを取らない転送速度を実現した爆速HDDが登場へ


先日発表されたPCI-Express接続とRAID 0を採用することで毎秒700MBにおよぶ最高速度を実現したOCZの超高速SSDIntelの高速タイプSSDの登場によって、転送速度でSSDに遅れを取る形となっていたHDDですが、ついにSSDに引けを取らない爆速のHDDが登場しました。

SSDと比較して大容量のデータを記録できることや価格の安さが強みであるHDDですが、新たに高速転送が実現されることで、第一線を退くのはまだまだ先になりそうです。

詳細は以下の通り。
Seagate Technology - Seagate And AMD Unveil World's First Demonstration Of Serial ATA 6Gigabit/Second Technology For High-Speed PC Applications

このリリースによると、HDDの大手メーカーであるSeagateがAMDと提携して、HDDや光学ドライブをコンピューターに接続するためのインターフェース「シリアルATA」の新たな高速転送規格の公開デモを行ったそうです。

これは現在主流となっている3GbpsのシリアルATAの2倍にあたる6Gbpsの転送速度を実現したもので、従来の規格とも互換性を備えているとのこと。

そして実際に6GbpsのシリアルATAインターフェースに対応したプロトタイプ(試作機)のHDDを用意した上で、3GbpsのシリアルATAインターフェースに対応した従来モデルのHDDの転送速度と比較した結果、試作機の転送速度は5.5Gbps(毎秒約687MB)、従来モデルの転送速度は2.5Gbps(毎秒約312.5MB)になったとしています。

なお、以下の記事によると、今回公開デモで用いられた6GbpsのシリアルATAインターフェースに対応したHDDの試作機は、年末ごろに製品化される模様です。

TechConnect Magazine - Seagate teams up with AMD to demo SATA 6 Gbps drive

・関連記事
PS3のHDDをIntelの超高速SSDに換装するとパフォーマンスはどれだけ向上するのか - GIGAZINE

これがSSDの実力、古いパソコンをSSDに換装すると爆速で起動可能に - GIGAZINE

サンディスクが圧倒的な高速性と長寿命を実現した安価なSSDを発表、古いPCでも利用可能に - GIGAZINE

ついに2TBのHDDが販売開始、気になるお値段は? - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log