レビュー

ありとあらゆる再生用コーデックを一気にインストール、自動更新もできるフリーソフト「Windows Essentials Codec Pack」


各種メディアコーデック・フィルター・スプリッター、さらに各種ツールや再生用のプレイヤーとして「Media Player Classic - Homecinema」などをまとめて一気にインストールでき、ネットからダウンロードできるいろいろなムービー・音楽・Flashのほとんどがこれひとつで再生できるというすさまじいフリーソフトがこの「Windows Essentials Codec Pack」(公式の略称はそれぞれの頭文字を取って「WECP」)です。公式サイトによると、ネット中のファイルの99%が再生できるようになるそうです。

単純に各種コーデックをインストールするだけでなく、自動更新チェックによるオートアップデートも可能で、常に最新の状態に保つことが可能というのが最大の特徴。スパイウェアやアドウェア、ウイルスなどが含まれていないことを保証しており、GPLライセンスの元でオープンソースソフトとして無料で提供されています。また、この手のコーデックパックにありがちなエラーやソフトウェアの競合も解消されているので安心です。

再生可能なファイルの一例としては3GP・AAC・AC3・APE・AVI・DivX・3ivx・DAT・h.264・x264・AVC・Nero Digital・DTS・FLV・FLAC・HD-MOV・MPEG-1・MPEG-2・M4A・MPC・MP3・MP4・MO3・MOD・MKV/MKA・MTM・OFR・TTA・OGG/OGM・S3M・Vorbis・VOB・WavPack・ATRAC3・XviD・XM・WV・UMXなどなど。

ダウンロードとインストール、実際の使い方は以下から。
Home of Windows Essencials Codec Pack
http://www.mediacodec.org/

ここをクリックしてダウンロードページを開き、いくつかあるリンクからどれでも良いのでクリックしてダウンロードします。


ダウンロードしたインストーラーをクリック


「Next」をクリック


「I Agree」をクリック


「Next」をクリック


「Install」をクリック


「OK」をクリック


「Finish」をクリックすれば完了、自動的にWindowsが再起動します


ファイルを再生する簡単な方法は、デスクトップに出てきた「Media Player Classic」のショートカットに、再生したいファイルをドラッグ&ドロップすること。


更新しているかどうかを確認するには「Media Codec Update Service」をクリック


「Check for Updates」をクリック


チェック中


今回は更新がなかったのでこのまま「Done」をクリックしました。更新があればこのまま自動的にインストールされるようです。確かに非常に簡単。

・関連記事
ffdshowより便利なコーデックセット「CCCP」 - GIGAZINE

再生できないムービーに必要なコーデックをダウンロードしてインストールできるフリーソフト「CodecInstaller」 - GIGAZINE

コーデックいらずで持ち運べる「Portable VLC Media Player」 - GIGAZINE

フルHDがffdshowより軽く再生できる世界最速のH.264ソフトウェアビデオデコーダ「CoreAVC」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse