世界最大のポルノメーカー、8つ子の母に100万ドルでポルノ映画出演を依頼


2009年1月26日、カリフォルニア州で8つ子が誕生しました。アメリカで8つ子が生まれたのはこれが2例目で赤ん坊の状態は安定しているそうですが、この出産が本来は一度に移植する胚の数は2つに制限されているところ、6つの胚を移植してそのうち2つで双子が産まれた結果だったことを受けて話題となっています。

この8つ子の母、ナディア・スールマンさんに対して、世界最大のポルノメーカー・Vivid Entertainmentが映画出演のオファーをしていたことが明らかになりました。なんとギャラは100万ドル(約9800万円)だそうです。

詳細は以下から。
OctoMom Offered $1 Million to Make a Porno - TMZ.com

ナディア・スールマンさん(33)は1月にカリフォルニア州で8つ子を出産しました。本来、スールマンさんぐらいの年齢では一度に移植する胚の数は2つに制限されているのですが、6つの胚を移植していたそうで、生殖医療の専門家からは母子ともにリスクが大きいと失望する声もあるそうです。スールマンさんはこの8つ子以前に6人の子どもがおり、今回の出産がリスクのある行為であることは認めた上で、大家族が夢だったのでリスクを承知の上で出産してうまくいった、とテレビのインタビューに答えていました。

出産前、8つ子がお腹に入っているときのスールマンさん。
OctoMom -- It Was a Very Goodyear - TMZ.com<



しかし、無職で500万円の借金があって州から毎月2300ドル(約23万円)の生活保護を受ける状態なのにさらにネットで育児のための募金を呼びかけるなどして非難のメールが殺到。

そんな中、世界最大のポルノメーカーであるVivid Entertainmentがスールマンさんに対してポルノ映画の出演依頼をしていたことが明らかになりました。ギャラは100万ドルだそうで、Vividはスールマンさんが契約さえすれば家族に十分な医療を受けさせられるだろうと語っています。

実際にVividがスールマンさんに送った内容はこちら。

0224_octomom_vivid_wm.swf (application/x-shockwave-flash オブジェクト)

おそらくスールマンさんがこのオファーを受けることはないだろうと考えられていますが、スールマンさんが祖母や母らと暮らす家が差し押さえの危機にあり、返済のための頭金すらも必要な状態なのは間違いないそうです。

なお、VividのライバルのPink Visual社もスールマンさんに出演依頼を出しており、こちらは「子どもへ最大の利益を」とのことで年間全てのオムツを提供すると申し出ているそうです。

・関連記事
カフェで4つ子の卵が発見される - GIGAZINE

双子の少女の片方がもう片方の胃袋の中で発見される - GIGAZINE

数百万分の一の確率、黒い肌と白い肌の双子を2度も生んだ夫婦 - GIGAZINE

黒い肌と白い肌の双子が誕生 - GIGAZINE

双子に聞くのを避けるべき10の質問 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by logc_nt