「12時間耐久セックス」のためにバイアグラを大量服用した男性、心臓発作で死亡


ロシアで男性は12時間ひっきりなしに性行為を行うために、短時間に大量のバイアグラを摂取した男性が心臓発作で命を落としたそうです。男性は男性器の機能を無理やり持続させるためにバイアグラを大量摂取していたとのこと。

では、なぜそのような行為に及んだのか、そして間違ったバイアグラの使い方をすることで、どのような問題が起きるのかを見ていきましょう。

詳細は以下より。
Viagra orgy man collapses | The Sun |News

ロシアで機械工として働いていたSergey Tuganoさん(28歳)は2人の女性と「12時間ひっきりなしに性行為ができるか」ということに3000ポンド(約42万円)を賭け、その女性2人と「12時間耐久セックス」を行っていたそうです。

Sergeyさんは賭けに勝とうとして、短時間にバイアグラをボトルごと大量に摂取。その結果、賭けには勝利したものの心臓発作で命を落としてしまったようです。女性の1人であるAlinaさんは「すぐに救急隊に連絡したが手遅れで、どうすることもできなかった」とコメントしているとのこと。

バイアグラは心臓病の治療にも用いられることがあるように、陰茎に限らず一酸化窒素を介した血管拡張を促進する作用があるため、服用方法を誤ると副作用として血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心症などがあらわれることがあるそうです。そのため、大量に服用しすぎると心臓や内臓系にかなり負担をかけ、最悪Sergeyさんのように命を落としてしまう可能性もあるため、服用には注意する必要がありそうです。

以下のサイトにバイアグラの摂取に関する注意点が書いてあります。

薬局グループの東医研―バイアグラ

・関連記事
定期的にバイアグラを摂取しないと死んでしまう2歳の幼児 - GIGAZINE

生活水準改善のため、60歳以上の高齢者に無料でバイアグラが配られる - GIGAZINE

バレンタインデーから、バイアグラが店頭で販売されるそうです - GIGAZINE

「ペルーのバイアグラ」と言われている地元で大人気のカエルジュース - GIGAZINE

マンモスの眠る永久凍土で発見された前史時代のバイアグラ - GIGAZINE

0

in メモ,   Posted by darkhorse_log