iPhone 3Gが日本でも値下げ、実質負担額がなんとゼロ円に


先日、アメリカにて「ついに念願の1万円を切る格安のiPhone 3Gが登場」という記事を書きましたが、日本でも実質負担額がゼロ円になることがわかりました。

詳細は以下から。
iPhone 3Gをよりお買い求めやすくし、本体価格が実質0円から利用可能に | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルがリリースを出したところによると、「iPhone for everybodyキャンペーン」を、2009年2月27日(金)から5月31日(日)まで実施するとしており、「ホワイトプラン」および「Wホワイト」「ホワイトプラン(学割)」を契約したユーザーの実質負担額は以下のようになります。

iPhone 3G 8GB:ゼロ円

iPhone 3G 16GB:480円/月、1万1520円

ソフトバンクモバイルのオンラインショップでは8GBモデルが実質負担金2万3040円、16GBモデルが実質負担金3万4560円で販売されていたので、以下のようになるというわけです。

iPhone 3G 8GB:2万3040円 → ゼロ円

iPhone 3G 16GB:3万4560円 → 1万1520円

すでに新モデルの話も出始めているわけですが、いよいよその話も現実味を帯びてきているのかもしれません。

・関連記事
次世代iPhoneと思われる写真が流出、安価なエントリーモデルも登場か - GIGAZINE

iPhone 3Gの販売台数は実質「敗戦」状態か - GIGAZINE

2億円以上の超高級iPhone「Kings Button」 - GIGAZINE

アップル、おっぱいをゆさゆさ揺らすiPhoneアプリ「iBoobs」を拒否 - GIGAZINE

in モバイル, Posted by darkhorse