モバイル

ソニーがウォークマンとサイバーショットを合体させた携帯電話「Idou」を発表、カメラは1200万画素


ソニーが携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」とデジタルカメラ「Cyber-Shot」の機能を合わせ持った携帯電話「Idou」を発売することを発表しました。

1200万画素のカメラを搭載したとんでもないモデルとなっています。

詳細は以下の通り。
Sony Ericsson launches Entertainment Unlimited, Reinforcing its Position as the Communication Entertainment Brand

このリリースによると、ソニーグループの携帯電話メーカーであるソニー・エリクソンが、「ウォークマン」と「Cyber-Shot」を合体させた携帯電話「Idou」を発売するそうです。

「Idou」はカメラのストロボにも用いられるキセノンフラッシュ搭載の1210万画素のカメラや16:9のワイドタッチパネルを備えており、写真撮影だけでなく映画や音楽といったコンテンツの視聴も快適に行えるほか、Javaにも対応しているとのこと。また、Symbian OSを採用予定。

その他の詳細なスペックについては明らかにされていませんが、2009年の第2四半期に発売されるとしています。

これが「Idou」です。


裏面はこんな感じ。


撮影モードに切り替えたところ。

・関連記事
東芝が超高性能スマートフォン「TG01」を発表、1GHzのCPU搭載やDivX形式のサポートも - GIGAZINE

東芝の「TG01」に続いて、HTCも超高性能スマートフォンを発売へ - GIGAZINE

ついに到来、ソニーがGoogleのAndroidを採用した高機能なスマートフォンを発売へ - GIGAZINE

「Windows Mobile」を搭載した携帯電話、バージョン表記を無くして「Windows Phone」に - GIGAZINE

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log