ナパーム弾の高温でレンガが溶けてつららのように垂れ下がった部屋


ロシアの軍隊が研究を行っていたという、ナパーム弾の高温によってレンガが溶けて垂れ下がった部屋。つららのようにとがったレンガがびっしりと天井に張り付いている姿は、なんとも恐ろしい光景になっています。

詳細は以下から。
English Russia >> Icicles of Brick

鍾乳石のある洞窟のようにもみえますが、よく見ると溶けて変形している部屋なのが分かります。


ただそこにいるのもためらわれる部屋


なんとなく地獄にあるという針の山を想起させる部屋。


とにかく天井びっしり。


人工建造物とは思えない光景。


とにかく不安になる場所です。

・関連記事
宇宙の銀河のような輝きを放つ洞窟 - GIGAZINE

世界最大の結晶の洞窟 - GIGAZINE

「爆弾の皇帝」と呼ばれた核爆弾が爆発するムービー - GIGAZINE

青い結晶で天井から床までビッシリ埋められている部屋 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log