今日は毎月恒例「Windows Update」の日、全部で4件


毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されました。今月は緊急が2件、重要が2件となっており、IEやVisioなどに影響が出るとのことなので、すぐにアップデートしておきましょう。

Windows Update
http://windowsupdate.microsoft.com/

詳細は以下から。
2009 年 2 月のセキュリティ情報

マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-002 - 緊急 : Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (961260)
最大深刻度および脆弱性の影響
緊急
リモートでコードが実行される
再起動情報
要再起動
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Windows、Internet Explorer

マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-003 - 緊急 : Microsoft Exchange の脆弱性により、リモートでコードが実行される (959239)
最大深刻度および脆弱性の影響
緊急
リモートでコードが実行される
再起動情報
再起動が必要な場合あり
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Exchange Server

マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-004 - 重要 : SQL Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される (959420)
最大深刻度および脆弱性の影響
重要
リモートでコードが実行される
再起動情報
再起動が必要な場合あり
影響を受けるソフトウェア
Microsoft SQL Server

マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-005 - 重要 : Microsoft Office Visio の脆弱性により、リモートでコードが実行される (957634)
最大深刻度および脆弱性の影響
重要
リモートでコードが実行される
再起動情報
再起動が必要な場合あり
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Office

次回は3月11日に提供予定となっています。

セキュリティ情報リリース スケジュール

・関連記事
インストール不要の無料アンチウイルスソフト「Dr.Web CureIt!」 - GIGAZINE

インストール不要の無料アンチウイルスソフト「ClamWin Portable」 - GIGAZINE

リアルタイムスキャンが可能な無料アンチウイルスソフト「Moon Secure Antivirus」 - GIGAZINE

そのファイルがウイルスなのかを調べる「WhatIsThatFile.com」 - GIGAZINE

アンチウイルスソフトの動作確認用テストウイルス「EICAR」 - GIGAZINE

0

in ソフトウェア, Posted by darkhorse