ハードウェア

これがSSDの実力、古いパソコンをSSDに換装すると爆速で起動可能に


以前GIGAZINEでサンディスクが古いパソコンでも利用可能な爆速、長寿命を実現したSSDを発売することをお伝えしましたが、実際に古いLet'snoteのHDDをSSDに換装したムービーが登場しました。

古いパソコンであるにもかかわらず、ありえない早さで起動できるようになっており、SSDの実力を思い知らされる内容になっています。

詳細は以下の通り。
これがそのムービー。Let'snote T2(現行モデルは「T8」)のHDDをSSDに換装した結果、電源を入れて15秒で起動できるようになっています。
YouTube - Let's Note T2 OCZ-SSD XP起動 (15sec)


ちなみに換装したSSDは最大読み込み速度が毎秒80MB、最大書き込み速度は毎秒48MBの「OCZ SSDPATA1-32G」だそうです。Intelのハイエンドモデルが毎秒最大250MBの読み込み速度と、毎秒最大170MBの書き込み速度を実現しているため、SSDとしてはあまり高速ではありませんが、換装することでパフォーマンスは向上するようです。

なお、以下のページでLet'snote R3Dを「世界最小、最軽量、最長駆動の無音パソコン」にするためにSSDに換装していますが、ベンチマークのスコアが3~4倍になるなど、信じられないほど向上しています。

R3をリメイクしてみた

換装を行うとメーカー保証が受けられなくなるため、換装はあくまで自己責任となっていますが、思わず試してみたくなるほど素晴らしいですねこれは…。

・関連記事
サンディスクが圧倒的な高速性と長寿命を実現した安価なSSDを発表、古いPCでも利用可能に - GIGAZINE

転送速度10倍の「USB3.0」は期待されているほど速度が出ない? - GIGAZINE

転送速度はHDDの20倍、今までの常識を覆す速度のSSDが登場へ - GIGAZINE

最大容量2TBで転送速度は毎秒300MB、SDHCを超越した「SDXCメモリカード」が登場へ - GIGAZINE

世界最大容量となる2TBのHDDがいよいよ本格発売、予想外に安価か - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   メモ, Posted by darkhorse_log