モバイル

ソフトバンクモバイルは安っぽい?携帯電話会社のイメージが明らかに


携帯電話ユーザーを対象にNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3大携帯電話会社のイメージ調査が行われました。

ブランドとのコラボレーションケータイや液晶テレビ・デジタルカメラなどのブランド名を冠した高機能ケータイ、人気タレントを使ったテレビCM、駅での広告といったさまざまなCMを展開してる携帯電話会社ですが、はたしてユーザーはどのようなイメージを抱いているのでしょうか。

自分が抱いているイメージとの違いを確かめてみるのも面白いかもしれません。

詳細は以下の通り。
ドコモ「ビジネスマン・年配者向き」au、ソフトバンク「若者・学生向き」 - アイシェア リサーチ

オンラインリサーチ会社アイシェアが行った20代から40代の男女を中心とする402名の携帯電話ユーザーに対する調査によると、NTTドコモに対するイメージは1位が「ビジネスマン向き(46.0%)」で、2位が「実用的(41.5%)」であったそうです。また、3位は「年配者向き(20.1%)」であったとのこと。

これがNTTドコモの調査結果。3位については「らくらくホン」の影響が多いのでしょうか。


そしてKDDIの携帯電話ブランド「au」については、1位が「若者向き(53.0%)」で2位が「学生向き(31.3%)」、そして3位が「実用的(16.9%)」であったそうです。

auの調査結果。「学生向き」というのは、かつて一世を風靡(ふうび)した「ガク割」のイメージが大きいのかもしれません。


最後にソフトバンクモバイルについては、1位が「安っぽい(32.8%)」で2位が「若者向き(28.6%)」、3位が「学生向き(25.6%)」であったとしています。

ソフトバンクモバイルの調査結果。高性能なスマートフォンやカラーバリエーションが豊富な携帯電話などを積極的にラインアップしていますが、月額料金980円の「ホワイトプラン」や「ホワイト学割」によって、学生や若者が持つ安価な携帯電話というイメージがあるということなのでしょうか。


なかなか興味深い結果ですが、これから先どうイメージが変化していくのかが気になるところですね。

・関連記事
大手携帯電話メーカー各社がGoogleのAndroidを採用した携帯電話を発売へ - GIGAZINE

楽天がPHS事業に参入へ、既存の事業と連携して展開 - GIGAZINE

NTTドコモが好調、初めてMNP利用で他社からの流入が流出を上回る - GIGAZINE

総務省、携帯電話の通話料金値下げのために「接続料」を引き下げへ - GIGAZINE

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log