検索エンジン最適化(SEO)を簡単に実行してサイトのアクセス数と売上を伸ばす「HP売上プラス」とは?


GoogleやYahoo!などで検索して30位以内に入っていないページは存在していないも同然と言われており、ネット上でアクセス数と売上を伸ばすためにはなんとしても5位以内に入る必要があるそうです。この作業を一般にはSEO、つまり「検索エンジン最適化」と呼んでおり、いろいろな作業が必要になってきます。検索エンジン対策のために何かしなくてはならないということはわかるものの、何をどこからどのように手を付けて良いものか、SEO上級者以外は最初の時点で立ち往生してしまい、結局何もしなくなる……というのが現状です。

そこで検索エンジン最適化を簡単に実行してサイトのアクセス数と売上を伸ばすのがこの「HP売上プラス」。自サイトで検索エンジン上位に来るキーワード選びやランキングの確認、ライバルの分析や順位チェック、リンク数やカテゴリ登録チェックなどをまとめた検索エンジンレポート、GoogleやYahoo!に早く登録されるためのサイトマップ作成機能、さらには検索エンジン上位表示に有効で売上増につながりやすいキーワードの生成機能、そして4万5000サイト以上の支援実績で蓄積されたデータ・ノウハウを実績あるスタッフが直接サイトを見て診断・アドバイスしてくれるという月1回のホームページ診断まで、20種類以上の検索エンジン対策がまとめてすべて1つのセットになっています。

というわけで、実際にどのような便利機能があるのか、GIGAZINEで試してみました。気になるその中身と結果は以下から。
■各種分析による現状把握「ホームページ分析」編

アクセスアップ・売上アップを支援するWebコンサルティング - HP売上プラス
http://www.hpuriageplus.com/

これが上記サイトにログイン直後の画面。あらかじめ設定しておいたキーワードの現時点での実績がすぐにわかるようになっています。


各キーワードの検索エンジン別の順位もクリック一発で把握可能


各キーワードの右端にある「表示」ボタンをクリックすれば、わかりやすいグラフ付きレポートが表示されます


例えばこんな感じ。これはGIGAZINEの「ネットサービス」というキーワードについて、直近10週間という期間で区切って、Google・Yahoo!・MSNの3大検索エンジンでの順位を表示したレポート。Googleでは著しく強いが、Yahoo!対策がぜんぜんできていないことが白日の下にさらされました。


「キーワードランキング」を使えば、指定したキーワードについて各検索エンジンで表示される順位を「実行」ボタンをクリックするだけでチェックすることができます。


これがその結果。どういったキーワードで劇的な強さを誇っているのかがよくわかります。


「ライバル比較レポート」を使うと、特定のキーワードを検索エンジンで調べた場合に何位になっているかが過去の履歴含めて簡単に把握できます。例えばこれは「ネットサービス」というキーワードについて、Googleで検索した場合のGIGAZINEとライバルサイトとの比較。抜きつ抜かれつを繰り返しているのがわかります。


これは被リンク数。多ければ多いほど有利。


これはどれぐらい検索エンジンに登録されているかというインデックス数。Googleの場合、GIGAZINEはがんばっているので着実に増えているのがわかります。


MSNの場合はこんな感じ。乱高下しており、クセが強いことがよくわかります。


なお、これらのデータはCSVファイルとしてダウンロード可能なので、Excelなどの表計算ソフトを使ってもっと詳細に分析したりグラフ化することができます。


「リンクポピュラリティ」を使うと、各検索エンジンごとに自分のサイトのリンクされている数がわかります。


GIGAZINEのリンクポピュラリティはこんな感じ


「リンク元チェック」を使うと、自サイトへリンクしているサイトをリストアップしてくれます。これにより、上位表示に重要なサイトを探ることができるという仕組み。


ずらずら表示されました


かなり燃えるのがこの「ライバルランキング」です。あるキーワードについて、ライバルサイトと比較できるというもの。早速やってみましょう。


GIGAZINE全勝。最終的には狙い澄ましたキーワードでこのように全面勝利状態になればアクセス数も増え、収益も期待できるというわけ。


さらに「ライバルリンクポピュラリティ」を使えば、ライバルサイトと自サイトとのリンクされている数を比較できます


こんな感じ。勝ったり負けたりを繰り返していますが、最終的にはあらゆるライバルサイトを打ち破り、検索結果の上位を独占できれば言うこと無し。


ライバルの動向をチェックするためには「ライバル比較レポート」がお役立ち。ライバルサイトに比べてインデックスされている数が少ない、被リンク数が足りない、ページランクがあともう一歩及んでいない、カテゴリに登録されていないなどのライバルサイトと自サイトの分析をわかりやすく表示することができます。


ページを表示するまでの時間を測定してくれる「ページ重さチェック」もお役立ち。3~4秒以内に表示されれば問題なし。


GIGAZINEの場合はこんな感じ。各回線速度別にどれぐらいの時間がかかるかが表示されます。


同じくページを表示するまでの時間はユーザーの待ち時間、つまりストレスと比例するので、サーバーの応答速度をチェックする「サーバー速度チェック」も重要。0.150秒を超えるならサーバー会社の乗り換えを考えた方がよいらしい。


GIGAZINEの場合は0.016秒なので、問題なし。よかった。


■訪問者数を増やす「検索エンジン対策」編

かなりすごいのがこの「キーワードメイカー」。検索エンジン上位表示に有効な類似キーワードを生成するという強力なツールです。例えば「アニメ」と入力してみましょう。


するとこのようにしてずらーりとキーワードが。これらの各キーワードについてさらに詳細に検討していきましょう。


詳細に検討するため、次に「キーワードアドバイスツールプラス」を使います。先ほどのキーワードメイカーで一番上に表示された「アニメ」をさらに精査して、狙い目のキーワードを探すことにします。


「KEI」が赤字で表示されているのが狙い目のキーワード。ぶっちゃけ、かなり参考になりました。こういう検索エンジン対策の真髄が味わえます。


ほかにも、SEOノウハウをまとめて無料ダウンロードして勉強可能。初心者でもこれを読めばかなり理解できるので、必読です。


なお、メールで直接コンサルしてくれる「ホームページ診断」は秀逸。現在までに4万5000サイト以上にホームページ売上アップ支援をしてきた実績と蓄積されたノウハウをもとに個別にアドバイスしてくれるようになっており、GIGAZINEの場合でもトータルで9つほど修正の指摘がありました。現状・修正理由・修正方法が細かく書かれており、単なる指摘だけではなく、どうすればいいのかが瞬時に理解できます。さらに最後にはコメント・相談内容まで懇切丁寧に書かれており、非常にわかりやすく親切でした。

これら20種類以上のホームページ分析ツールと月1回のホームページ診断サービスがついて月額9800円となっています。コンセプトとして、「順位を上げて売上を上げましょう」というありきたりのものではなく、自社でECサイトを運営して得たノウハウをベースにしているため、

・ユーザーが本当に必要としている情報や商品をわかりやすく見せれば検索エンジンは順位を必然的に上げざるを得ない

・順位を上げるための対策ではなく、まずユーザーありきの改善

を促してくれるというかなり考えられた構成になっているのが最大のポイント。

実際に利用して成果を上げている顧客の例としては、ホームページを真剣に考えている中小企業や個人事業主、ネットショップ、不動産・士業・探偵などネット上で競争の激しい専門業種、人気ブログを運営している人、さらには大手制作会社が上場企業のホームページを裏で申し込んで、このアドバイス内容をコンサルに活用している事例もあるそうです。

また、中小企業における事例として、社内でページを担当している社員が他の業務と兼務しているため、第三者視点で見ることができず、困ったときに相談する相手もいなかったものの、「HP売上プラス」の診断内容に基づくアドバイスを実践したところ、後に大きな売上につながったというケースもあったとのことです。

・20種類以上のホームページ分析ツールと月1回のホームページ診断サービスは以下から
アクセスアップ・売上アップを支援するWebコンサルティング - HP売上プラス
http://www.hpuriageplus.com/

0

in レビュー,  ネットサービス,  広告, Posted by darkhorse