国産肉100%使用、モスバーガーの「とびきりハンバーグサンド」試食レビュー


モスバーガーが去年12月27日から出している新商品「とびきりハンバーグサンド」を買ってきて食べてみました。最近は地域限定メニューや変わり種の新商品が多かったですが、今回はパティを変えてのかなり正統派。「モス史上最高!国産肉100%のうまさ」というアピールを信じるとかなりのものになっていそうですが、果たしてどうなのでしょうか。

レビューは以下から。
MOS BURGER とびきりハンバーグサンド誕生

買ってきました。


テープで見分ける「ハンバーグサンド」と「チーズハンバーグサンド」。


あんぱんのようにフカフカで丸いバンズ。見た目はロッテリアの「絶品チーズバーガー」に似ていますが、特に甘めの味付けなどにはなっていません。


「とびきりハンバーグサンド」。バンズに挟まれているのはパティと刻みキャベツだけというシンプルなもの。


とろとろの「とびきりチーズハンバーグサンド」。


パティがこんがりと焼かれていて香ばしい風味。ただ、パティとバンズのバランスがあまりよくなく、無理矢理パンでハンバーグを挟んだだけのような気がします。「モス史上最高!国産肉100%のうまさ」にはかなり期待してしまったので、もう一がんばりして欲しかったところです。

・関連記事
モスバーガーがバーガー商品を全面刷新、クーポン割引を導入 - GIGAZINE

モスバーガーが3億円の赤字、88店舗を2009年3月末までに閉鎖 - GIGAZINE

モスバーガーの地域・期間限定メニュー「たこカツさんバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by logc_nt